[PR]今こそコロナ後の「販促」を、高田の新聞販売店で希望エリアのチラシ受付

横浜日吉新聞

法人サポーター会員によるPR記事です】いまこそ「コロナリベンジ」で販促を――情報発信をしたい企業や店舗高田の新聞販売店が熱烈応援しています。

高田駅から徒歩約8分、日吉元石川線(荏田綱島線)にも近い高田西4丁目の「読売センター高田NT」では地域に折り込みたいチラシを受付中

高田駅から徒歩約8分、日吉元石川線(荏田綱島線)にも近い高田西4丁目の「読売センター高田NT」では地域に折り込みたいチラシを受付中

高田・日吉や都筑区エリアでの読売新聞を取り扱う「読売センター高田NT」(高田西4)では、配布する新聞に折り込むチラシを受付しています。

コロナ前までの7割くらいまでに折り込みのご依頼も戻ってきました」と、同販売店を運営するウイングレット株式会社(高田町)社長の乙幡幸雄さん

同センターの配布エリアなど、100枚単位で受け付けることも可能だといい、配布料金はA4・B4サイズが1枚あたり3.6円、A3・B3サイズが4.8円(いずれも税別)。

折込希望日の前々営業日の18時までに納品が必要。受付や支払い・問い合わせ対応は原則月曜日から日曜日まで(新聞休刊日を除く)、10時から18時までおこなっているとのこと。

「折込チラシも販促方法の1つとして検討してもらえたら」と社長の乙幡さん

「折込チラシも販促方法の1つとして検討してもらえたら」と社長の乙幡さん

同社が扱うエリアでの読売新聞や毎日新聞、神奈川新聞、チラッシュ(チラシ無料配布サービス)を含む場合に限り、朝日新聞や日本経済新聞、東京新聞や産経新聞といった幅広い新聞媒体の講読世帯をエリアで区切っての見積りも可能

「例えば、港北区のおおむね北部エリアでは、約3万3400部南部エリアでは約3万3750部(2022年6月20日現在)となります」と、担当エリア外の新聞販売店を経由してのチラシの配布もまとめて受け付けているといいます。

広域で配布する際の配布部数の確認や見積り依頼は、なるべく早めの問い合わせや申し込みが必要とのことです。

「今こそ、“コロナリベンジ”で、お客様に直接チラシを届けることができる新聞折込サービスを利用してもらえれば」と、チラシを活用した地域での販促アピールを呼び掛けています。

「コロナ禍」を乗り越えての新チャレンジも

小学生向けの「読売KODOMO(こども)新聞」や中高生向けの「読売中高生新聞」の講読依頼は時期を問わず舞い込むという

小学生向けの「読売KODOMO(こども)新聞」や中高生向けの「読売中高生新聞」の講読依頼は時期を問わず舞い込むという

新聞配達はもちろん、購読料の集金など、「対面」での業務も大きなウエイトを占めていたことから、少なからず新型コロナ禍の影響を受けているという新聞販売店。

夏の暑い時期には特に苦労があったといい、「配達をするとどうしても息があがってしまうのですが、それでも、“お客様を第一”にと、マスク着用や手指の消毒など徹底してきました」と乙幡さん。

過去2年間、読売新聞を中断することなく購読し、また契約期間を設けない購読者を「VIP読者会員」とするポイントサービスも好評を博しているといい、「宝くじ代行購入」といった店独自のサービスのチラシでの告知も人気を博しているといいます。

2019年11月から運営する家電販売部門「アトム電器港北高田店」(本部:大阪府羽曳野市)としての販売や家電・電子機器取付などの依頼も順調に推移しているといい、「販売店に新しいスタッフも入社するなど、少しずつまた活気も戻ってきています」と乙幡さんは、“絶えず前進する”同販売店の社風が、コロナ禍を乗り越えて、少しずつ戻りつつあると感じているとのこと。

2022年は申込受付をおこなった「読売新聞」を講読している家庭に、オリジナルの「ディズニーキャラクターアートコレクション」を毎月2枚プレゼントしている

2022年は申込受付をおこなった「読売新聞」を講読している家庭に、オリジナルの「ディズニーキャラクターアートコレクション」を毎月2枚プレゼントしている

飲食店などを中心に地域の店舗の経営に厳しさが見られることも気になっているといい、「当社も大手飲食業からの配達業務を受託する、北陸・富山県の販売店の経営も担うといった挑戦もおこなっています。この大変な時代だからこそ、まずは地元エリアで、コロナ禍を乗り越えていくためのネットワークづくりのお手伝いができれば」と、チラシ事業も含めた同社らしいサービスの“フル活用”を呼び掛けていく考えです。

※ 記事の掲載内容については、「読売センター高田NT」に直接お問い合わせください。

【関連記事】

小・中・高校生が読みたくなる「新聞」は?日吉の塾経営者が5紙を読み比べ(2021年3月26日)

日吉周辺の利用者増なるか、チラシ無料宅配サービス「チラッシュ」の試み(2018年10月31日)

高田の読売販売店が「町の電器屋さん」に、地域のかかりつけ店を目指し事業スタート(2019年12月17日)※エアコン、テレビ、洗濯機などの取り付け対応も可

【参考リンク】

読売センター高田NTツイッター

法人サポーター会員:読売センター高田NT 提供)


カテゴリ別記事一覧