日吉周辺の利用者増なるか、チラシ無料宅配サービス「チラッシュ」の試み

横浜日吉新聞

法人サポーター会員による提供記事です】週3回を基本とした、チラシの無料宅配というサービスをご存知でしょうか。

原則、週3回チラシを自宅まで届けてくれる「チラッシュ」を手に、同サービスでの配布を行う新聞販売店・読売センター高田NTを経営する乙幡幸雄さん(右)、20年以上同店で勤務する西山利典さん(左)

原則、週3回チラシを自宅まで届けてくれる「チラッシュ」を手に、同サービスでの配布を行う新聞販売店・読売センター高田NTを経営する乙幡幸雄さん(右)、20年以上同店で勤務する西山利典さん(左)

大手新聞の読売新聞社系列の広告会社で、東京都中央区に本社を置く株式会社読売IS(アイエス)は、週に3回、登録した希望者にチラシを無料で配布するサービス「チラッシュ」を2011年3月から埼玉県でスタート。

神奈川、東京、千葉の一都3県で順次エリアを拡大し、先月(2018年)9月には会員数は40万名を突破したといいます。

原則、配布は水曜日、金曜日、土曜日(祝日・年末年始・チラシがない日を除く)、予め、配布を希望し、登録した世帯に配達されているため、「チラシが欲しい人に、確実に届くことがメリットと感じます」と、配布を行う「読売センター高田NT」(高田西4)を運営するウイングレット株式会社(高田町)代表取締役・乙幡幸雄さん

利用者は30~40代が全体の7割と、若いファミリー世帯に多く活用されている。チラッシュ独自の広告付きの折り込み表紙にチラシをはさみこんでいる。チラシがない日は配布は行われない

利用者は30~40代が全体の7割と、若いファミリー世帯に多く活用されている。チラッシュ独自の広告付きの折り込み表紙にチラシをはさみこんでいる。チラシがない日は配布は行われない

配布する側、される側双方にメリットがあるというこのサービス。大きな特徴としては、登録者のうち、30~40代が全体の約7割を占めているということ(2018年5月現在、同サービスサイト内の媒体資料より)。

若い夫婦や子育て世帯など、「若いファミリー層に多く受け入れられており、チラシの内容も、子育てサービスに関連するものや、スーパーマーケット、ドラッグストアの販売情報など、家族で利用できるものも多いのが特徴です」と、乙幡さんは、チラシを配る側、受け取る側にとっての満足度が高い理由、それは、登録数が多い世代の趣向に近いしたチラシの配布による、より効果的なマーケティングが行えるためと説明します。

ただ、同新聞販売店が日吉・高田エリアで配布する新聞の部数と比較すると、まだ「チラッシュ」の配布枚数は10分の1程度

神奈川県内のチラッシュ配布エリア。対象エリアであっても配布できないエリアもある(写真はチラッシュの媒体資料より)

神奈川県内のチラッシュ配布エリア。対象エリアであっても配布できないエリアもある(写真はチラッシュの媒体資料より)

「チラッシュ」の認知度は、まだこれからと乙幡さんは感じているといい、「もっと地元の企業のチラシを増やし、地元のお客様に届けたいと思っています。チラシ希望の方は、ぜひ登録いただき、またチラシを配布したい方は、最寄りの読売新聞販売店にチラシを持ちこんでもらえたら」と、乙幡さんは、さまざまなシーンでの同サービスの利用を呼び掛けています。

配布料金は、通常の新聞折込料金と同じ(例:A4・B4サイズ=3.6円、A3・B3サイズ=4.8円、税別)となっていることもあり、「新聞折込と一緒に利用いただくと、新聞を読む人々ばかりでなく、読まない購読世帯にもチラシを配ることができるので、より幅広いPRに効果的です」と、希望の有無に拠らないポスティングでの投函とは異なる、チラシを自ら欲しいと願う人々への広告手段となる同サービスの有用性を訴えます。

チラシを配布したい場合、最寄りの読売新聞の販売店単位での申込が可能。「地元企業からの配布依頼をお待ちしています」と乙幡さん、西山さん

チラシを配布したい場合、最寄りの読売新聞の販売店単位での申込が可能。「地元企業からの配布依頼をお待ちしています」と乙幡さん、西山さん

人口減少と高齢化が進行する影響を少なからず受けている新聞業界にとっての、新しい「人と人」そして「人と企業」とがつながる手段としての同サービスの利用者が、この日吉・綱島・高田エリアで増えていくのか。

神奈川県内でも他地域に先駆けて同サービスをスタートさせたという同販売店による、地域に根差すことを目的とした今後の試み、また、登録者数の推移や、双方の利用者の満足度が向上していくのかという点についても、今後より多くの注目を集めていきそうです。

なお、「チラッシュ」によるチラシ宅配を希望する場合の登録はサイト上から受付。チラシを最寄りの新聞販売店単位で配布したい場合は、直接、それぞれの販売店への問い合わせが便利です。

【関連記事】

<高田の新聞販売店>ツイッターで「読者つなぐ」情報発信、全国的な反響も(2018年9月11日)

高田の新聞販売店がSNSに挑戦、地域に届けたいニュースや話題を発信(2018年6月12日)

【参考リンク】

街のおトク情報を無料でお届け!【チラッシュ】~神奈川エリア(株式会社読売IS)

チラッシュ事務局のサイト~発行概要・広告をお考えの方へ(同)

新聞販売店案内~高田NT(読売新聞社~e-map一般財団法人日本デジタル道路地図協会)

読売センター高田NTツイッター(Twitter)

読売センター高田NTフェイスブックページ(Facebookページ)

法人サポーター会員:読売センター高田NT提供)


グーグルからの配信による広告

カテゴリ別記事一覧