綱島の消防出張所を「花と緑」で彩る、地域がつながる“ファンクラブ”の設置も

横浜日吉新聞

綱島を花と緑で彩るプロジェクトの活動が、2年目のラストスパートにさしかかっています。

先月11月14日開催の「減災行動展」で、花と緑の活動メンバー募集を呼び掛けた。右が「綱島消防出張所花壇ファンクラブ」ヘッドガーデナー(代表)に就任した板垣さん

先月11月14日開催の「減災行動展」で、花と緑の活動メンバー募集を呼び掛けた。右が「綱島消防出張所花壇ファンクラブ」ヘッドガーデナー(代表)に就任した板垣さん

昨年度(2020年度)から綱島でスタートした3カ年かけての横浜市地域緑のまちづくり事業「つなつなプロジェクト」を担う地域団体「フローラルつなしま」(正式名称:綱島西地区緑のまちづくり推進団体、中森伸明会長)の活動は、コロナ禍を乗り越え、いよいよ2年目の“ラストスパート”時期に。

先月(2021年)11月14日(日)にイトーヨーカドー綱島店前の綱島パデュ中央広場(綱島西2)で開催された「減災行動展」(綱島地区家庭防災員連絡協議会主催、有賀宏子会長)に、「フローラルつなしま」が出展し、花苗をプレゼントしながら、綱島地区で8団体に及ぶ緑化活動グループについての紹介や入会促進活動を実施。このイベントの際に、新たに消防出張所の「花壇ファンクラブ」が結成されたといいます。

12月1日には綱島消防出張所とメガロス綱島の周辺に「ハマカンゾウ」を植える作業をおこなった(フローラルつなしま提供)

12月1日には綱島消防出張所とメガロス綱島の周辺に「ハマカンゾウ」を植える作業をおこなった(フローラルつなしま提供)

プロジェクトの活動の一環で、今月12月1日(水)午前、綱島西3丁目にある綱島消防出張所(伊藤健太出張所長)の敷地内にあるフェンス沿いのスペース、また隣接するスポーツジム・メガロス綱島店の建物周囲にある植栽枡(ます)に、NPO法人鶴見川流域ネットワーキング(綱島西2、岸由二代表理事)の協力を得て、それぞれ100株の「ハマカンゾウ」を植える取り組みをスタート。

同出張所の「花壇ファンクラブ」や、プロジェクトの事務局がおかれている綱島地区センター(綱島西1)で活動をおこなうガーデニングクラブのメンバー約20人、「企業ボランティアをしたい」(同地区センター担当)との申し出があり参加したという、NTTテクノクロスサービス株式会社(樽町2)の藤田敏昭社長など5人も活動に加わり、約1時間ほどで作業を終えていました。

NPO法人鶴見川流域ネットワーキング(TRネット)の亀田佳子理事が「鶴見川の源流」から持参したというハマカンゾウの苗の植え方をレクチャー(つなつなプロジェクトのFacebookページより)

NPO法人鶴見川流域ネットワーキング(TRネット)の亀田佳子理事が「鶴見川の源流」から持参したというハマカンゾウの苗の植え方をレクチャー(つなつなプロジェクトのFacebookページより)

消防出張所には、同プロジェクトの実働グループ「フローラル綱島」や「花壇ファンクラブ」メンバー、消防署員らが、ウィスキーの樽を活用した、雨水を樋(とい)から引き込んで貯水することを目的とした雨水タンクを11月30日(火)に新たに設置。

12月4日(土)と11日(土)に消防出張所内の土壌の水捌(は)けを良くするためにと、綱島台エリアに広がる綱島市民の森愛護会(飯田助知会長)らの協力も得て、同市民の森から竹や小枝を採取、落ち葉を交えて埋め込む作業もおこない、水撒き用にと活躍することが期待される雨水タンクを完成させたといいます。

12月1日の花植え作業に参加した綱島地区センターガーデニングクラブほかの皆さん(フローラルつなしま提供)

12月1日の花植え作業に参加した綱島地区センターガーデニングクラブほかの皆さん(フローラルつなしま提供)

消防出張所の緑化について、「フローラルつなしま」の中森伸明会長(綱島商店街連合会会長)は、「綱島地区の家庭防災員や消防署員、消防団員らが今後さらなるつながりを構築していくことで、お互いの顔が見えて、“いざ”という時の災害時に助け合えるようなコミュニティづくりを目的としています」と、伊藤出張所長の地域防災への想いや熱意もあり、出張所の緑化が実現できることを喜びます。

綱島消防出張所にはウィスキーの樽を使用した「雨水タンク」が新登場、花の水やりに活躍することが期待される(12月11日、つなつなプロジェクトのFacebookページより)

綱島消防出張所にはウィスキーの樽を使用した「雨水タンク」が新登場、花の水やりに活躍することが期待される(12月11日、つなつなプロジェクトのFacebookページより)

今月末近い12月26日(日)には、消防出張所や周辺をさらに「花と緑」で彩るための花苗定植イベントを実施する予定とのことで、「『花壇ファンクラブ』への参加も、広く地域の皆様に呼び掛けていくことができれば」と、「フローラル綱島」代表で、同ファンクラブのヘッドガーデナー(代表)に就任した板垣博英さんは、多く地域の人々の活動への参加を呼び掛けています。

綱島エリアにおける「花と緑のまちづくり」が、さらに前へ、前へと進むことが期待できそうです。

【関連記事】

綱島の桃の歴史を伝える「ピーチ花壇」、20年超の初リニューアルで“桃色”風に(2021年12月1日)

綱島・鶴見川の夏を彩る「オレンジ」の花、ハマカンゾウを知っていますか(2021年10月25日)※昨年(2020年)11月にもハマカンゾウを綱島公園に100株(25株ずつ4カ所)に植えている

“小さな桃の木”がまちを彩る、綱島西「パデュ通り」に大型プランター12台(2021年10月18日)

「オール綱島」で花・緑・人がつながる、街づくりの一大プロジェクトが4月に始動(2020年2月19日)

【参考リンク】

つなつなプロジェクトFacebookページ ※活動の詳細をレポート

綱島地区センター公式サイト(一般財団法人こうほく区民施設協会)

港北消防署 綱島消防出張所(横浜市消防局)

NPO法人鶴見川流域ネットワーキング公式サイト


カテゴリ別記事一覧