綱島の桃の歴史を伝える「ピーチ花壇」、20年超の初リニューアルで“桃色”風に

横浜日吉新聞
初の大規模リニューアルをおこなった「ピーチ花壇」。綱島市民の森愛護会の飯田助知(すけとも)会長が名付けたという(11月30日)

初の大規模リニューアルをおこなった「ピーチ花壇」。綱島市民の森愛護会の飯田助知(すけとも)会長が名付けたという(11月30日)

綱島の「桃」の歴史を伝える「ピーチ花壇」初の大規模リニューアル。20年超ぶりに“桃色”風に生まれ変わりました。

1998(平成10)年から、綱島駅西口近くのバス通り「子母口綱島線」沿いの綱島小学校入口交差点にある2つの「ピーチ花壇」の手入れをおこなってきたボランティア団体「港北みりょく発見団」(川口葉子代表)は、きのう(2021年)11月30日午前、花壇の大規模リニューアルの最終章を飾る花植えを実施。

今回のリニューアルでは用土に保水材を加え土壌改良も実施。レンガ花壇や大型プランターも設置した(11月24日)

今回のリニューアルでは用土に保水材を加え土壌改良も実施。レンガ花壇や大型プランターも設置した(11月24日)

同団体に所属する11人が、同花壇の発足時からサポートしてきた、綱島エリアの緑化活動に取り組む「グループ花いっぱいTsunashima(綱島)」代表を務める真島(まじま)淳子さんが企画した宿根草(多年草)主体の約60株の花苗植えをおこないました。

今回のリニューアルの実施理由について真島さんは、「花壇が平面的なイメージで、毎年2回植える花にバリエーションを持たせたかったことも理由の一つです。また、“一年草”は、全てを植え替える手間がかかっていたこともあり宿根草を多用し、アクセントとしての一年草を採用することにしました」と説明。

港北土木事務所で「ハマロード・サポーター」に認定されたことを報告する堤さん

港北土木事務所で「ハマロード・サポーター」に認定されたことを報告する堤さん

酷暑の夏、水枯れの冬などにも草花が“耐える”ことができるよう、用土に保水材を加え土壌改良も実施。花桃の木の周囲はレンガ花壇としてひときわ目立つようにアレンジし、大型プランターも設置するなど、立体感を感じることもできるよう工夫を凝らしたといいます。

綱島の歴史をアピールするための桃の形状をしたサインボードも新設、綱島エリアの地域緑化プロジェクト「つなつなプロジェクト」の表示板もあわせ掲示するなど、今回のリニューアルが綱島エリアの地域ぐるみのプロジェクトであることについてもアピ―ルしています。

花苗をプロデュースする真島さん(右)。日吉駅前花壇花ポケット代表で港北オープンガーデン運営委員の小出瑛子さん(左)も激励に訪れていた

花苗をプロデュースする真島さん(右)。日吉駅前花壇花ポケット代表で港北オープンガーデン運営委員の小出瑛子さん(左)も激励に訪れていた

「港北みりょく発見団」は、今年9月末に、横浜市と協力し道路美化をおこなう「ハマロード・サポーター」にも認定されており、同会の中心的役割を担う事務局長の堤キミ江さんは、「みりょく発見団を立ち上げた故・大谷聡氏が、綱島市民の森愛護会飯田助知(すけとも)会長と協力し生まれた花壇として、これからも綱島の桃の歴史を伝えていきたい」と、その由来についても説明します。

花苗の確保やプロデュースに奔走した真島さんは、「綱島の桃の歴史を伝えていけるよう、“桃色”をイメージしアレンジしました。綱島のシンボル・まちの象徴として、ぜひお近くに散策いただき、花壇を楽しんでもらえたら」と、綱島を彩るピーチ花壇の魅力をこれからも発信したいとの決意を語っていました。

リニューアル完成した「ピーチ花壇」。花桃や看板なども「桃色」を意識。季節の花も交えながら宿根草(多年草)メインのアレンジになったという(つなつなプロジェクトのFacebookページより)

リニューアル完成した「ピーチ花壇」。花桃や看板なども「桃色」を意識。季節の花も交えながら宿根草(多年草)メインのアレンジになったという(つなつなプロジェクトのFacebookページより)

コロナ禍を経て、「つなつなプロジェクト」の活動も活発化しつつあり、綱島の街の“花と緑の変化”を目で見て楽しむだけでも、まちの息遣いを感じられる時間を過ごすことができそうです。

【関連記事】

綱島・大綱橋たもとの花壇を東急が支援、「桃の里」の歴史伝える活動に(2020年12月25日)

桃の里での再会に想い込め、綱島の歴史継ぐ2017年「桃まつり」は3/12(日)に(2017年3月3日)※堤さんは実行委員会事務局メンバーで、綱島の桃を守り愛好する「綱島の桃の会」にも所属し桃まつりを盛り上げてきた

綱島西の交差点に「綱島小学校入口」新標識、バス通り沿いに地域の声で(2020年11月24日)※「ピーチ花壇」の写真も

【参考リンク】

つなつなプロジェクトのFacebookページ ※「ピーチ花壇」リニューアルについての投稿も


カテゴリ別記事一覧