港北区が異例の新挑戦、秋に"区民祭り"をオンライン開催の構想 | 横浜日吉新聞

横浜日吉新聞

新型コロナに負けずに「祭り」を開催するにはオンラインしかない――。港北区は例年秋に行っている区民向けの「ふるさと港北ふれあいまつり」(同実行委員会主催)を今年(2020年)はインターネットを通じて開くという異例の企画を考案。横浜市内で初となる挑戦に他区からは「本当にやれるのか」と驚きの反響を呼んでいるといいます。

昨年の「ふるさと港北ふれあいまつり」におけるステージイベントの様子(2019年6月1日)

「ふるさと港北ふれあいまつり」は、例年10月から11月上旬に開かれている“区民祭り”で、昨年(2019年)は秋に区内で「ラグビーワールドカップ」の開催が重なったため、6月に前倒しして港北区制80周年の記念式典とあわせて新横浜で開かれました。

港北ふれあいまつりでは、港北区内の自治会・町内会や地域団体が一同に集まり、各団体が得意とする飲食物などのブース出店を通じ、団体間や参加する区民との交流を図っているのが特徴です。

自治会・町内会や地域団体が一同に集まり、各団体が得意とする飲食物などのブース出店を行っているのが特徴

例年、著名アニメのキャラクターショーが開かれることもあって、小さな子どもを連れた親子の来場が多い一方、ブース出店を行う自治会・町内会関係者など運営側の年齢層は比較的高めという状況にあります。

港北区地域振興課小林野武夫課長は「新型コロナウイルスの影響が長期化することを考えれば、多くの人が集まるイベント開催は難しいのが現状です。しかし、ここで中止にしてしまったら、この先どうやって新型コロナに立ち向かえばいいのかという思いになりました」と話します。

現段階の構想では、「2020ふるさと港北ふれあいまつりon-line(オンライン)」と銘打ち、今年11月3日(火・祝)から23日(月・祝)までの20日間にわたってイベント期間を設定。「いつでも参加できる」(同課長)ように長い期間を設けながらも、11月14日(土)を“コアデイ”として、イベントの集中日として祭りの一体感を創出したい考えです。

SNSの#(ハッシュタグ)を付けた情報発信で、ネット上でつながるという構想も(オンライン開催のイメージ、港北区のニュースリリースより)

SNSの#(ハッシュタグ)を付けた情報発信で、ネット上でつながるという構想も(オンライン開催のイメージ、港北区のニュースリリースより)

期間中はインターネットを通じて、区内の生徒・児童による部活動などの発表動画や、区内団体による各種コンテンツを配信したり、参加型プレゼント抽選を行ったりするといった内容を基本に検討されています。

オンラインでの開催により、「ふるさと港北ふれあいまつりの会場へ行ったことがない層の人たちにも、参加してもらえる可能性がある」(小林課長)という一方、“祭りの華”として人気を集めていた飲食物のブース出店が難しくなるため、「この点をどうするか考えなければなりません」(同)。

2019年の「ふるさと港北ふれあいまつり」には70以上のブースが出店し、ステージイベントも行われた。オンライン開催は新たな参加者の層を掘り起こすことにつながりそう

2019年の「ふるさと港北ふれあいまつり」には70以上のブースが出店し、ステージイベントも行われた。オンライン開催は新たな参加者の層を掘り起こすことにつながりそう

また、高齢層を中心にスマートフォンで動画を撮影したり、インターネットに接続したりすることに対してのイメージさえ湧かない人がいるのも現状で、「今回の祭りをどうやって説明していくのかも、大きな課題」(同)であると認めます。

全世代を対象にした“区民祭り”をオンラインで開催するのは、横浜市内18区でも異例の構想だったこともあり、他区との会合で港北区の企画案を話すと「本当にオンラインで開催できるのか」と驚きの声が上がったといいます。

一方で、港北区は東京都心に近く、若い世帯の流入が続く現状があるため、「IT活用が広がっている区だからこそ、新しい祭りの方法として、アイデアを結集しながらチャレンジしてみたい」と力説する小林課長。夏ごろまでには開催アイデアの集約も行いたいといいます。

新型コロナウイルスの感染拡大にともなう公的機関のIT活用では、「特別定額給付金」のマイナンバーカードによるオンライン申請や、公立学校によるオンライン授業などで課題が噴出した経緯があるだけに、区民の祭りをオンライン化するという港北区の先進的な挑戦は、成否にかかわらず、近未来へつながる貴重な経験を得られる可能性が高そうです。

【関連記事】

今週末6/1(土)は新横浜で2019年「ふるさと港北ふれあいまつり」、80周年式典も(新横浜新聞~しんよこ新聞、2019年5月29日、昨年の様子)

【参考リンク】

「2020ふるさと港北ふれあいまつり」は、オンライン開催!(港北区総務部地域振興課、2020年6月26日)


カテゴリ別記事一覧