駒林小が50周年「スタートイベント」、テーマやキャラクター決定、横断幕で盛り上げへ

横浜日吉新聞

学校・PTAぐるみでの「最高の50周年事業」を目指した取り組みがスタートしました。

来年(2023年)創立50周年を迎えることをつたえる「横断幕」が設置された横浜市立駒林小学校(11月26日)

来年(2023年)創立50周年を迎えることをつたえる「横断幕」が設置された横浜市立駒林小学校(11月26日)

来年2023年4月に創立50周年を迎える横浜市立駒林小学校(日吉本町2)では、PTAによる「50周年実行委員会」が今年4月から立ち上がり、活動を開始。

学校側でも、4年生から6年生まで代表児童で組織された実行委員会が発足し、11月25日(金)には、50周年の「テーマ」「キャラクター」「横断幕」発表会を校内でおこない、子どもたちが自らかかわることでの周年事業をスタート。

横断幕を校舎南側のベランダに掲示し、地域に向けても50周年事業の開始をアピールしています。

カラフルなデザインに仕上がった「横断幕」

カラフルなデザインに仕上がった「横断幕」

また、翌11月26日(土)には、PTAによる実行委員会が主催した「50周年スタートイベント」をおこない、PTA会員と家族、日吉本町西町会(青博孝会長)や日吉台西中学校(日吉本町5)の吹奏楽部、関係者などの招待客らを交えてのステージを、午前と午後の3部制で披露。

「新型コロナ禍」が継続していることもあり、事前申込制での「50周年スタートイベント」がおこなわれた

「新型コロナ禍」が継続していることもあり、事前申込制での「50周年スタートイベント」がおこなわれた

校庭では「親路(おやじ)の会」による「紙飛行機大会」イベントも開催

校庭では「親路(おやじ)の会」による「紙飛行機大会」イベントも開催

2部と3部の間には、今年度発足した同小学校の保護者の会「親路(おやじ)の会」による「紙飛行機大会」も開催され、ステージのみならず、“リアル”に親子が触れ合える催しもおこなわれていました。

記念式典は「来年秋」、記念ソングで“想いを次世代に”

全校児童の思いが詰まっているという50周年のテーマは、「心一つに 未来につなごう 駒林のみんな」に決定。

「スタートイベント」で用意された12ページのパンフレットにも「テーマ」が記載されていた

「スタートイベント」で用意された12ページのパンフレットにも「テーマ」が記載されていた

50周年を祝うキャラクターには、「こまファンズ」が選ばれたという同小学校。

体育館にスライドで浮かび上がる駒林小学校創立50周年キャラクター「こまファンズ」

体育館にスライドで浮かび上がる駒林小学校創立50周年キャラクター「こまファンズ」

「50周年スタートイベント」内でも、児童による実行委員会が横断幕も含め「スライド映写の動画」を通じて披露し、参加した児童・保護者らへ、50周年事業がスタートしたことを報告していました。

50周年事業がスタートしたことを児童が「動画」で報告

50周年事業がスタートしたことを児童が「動画」で報告

同小学校の西尾武泰校長は、「11月25日の(学校内の)発表会で、子どもたちは『やるぞ』という気持ちになったのではないかと思います。一生懸命、この学校を盛り上げていきたいという地域と保護者の連携も素晴らしい」と語り、来年秋実施の記念式典に向け盛り上げていく“学校長としての責任”を感じているといいます。

子どもたちや保護者に優しく語りかける西尾校長

子どもたちや保護者に優しく語りかける西尾校長

PTA会長として2年目、また実行委員長として事業をけん引する平川昌俊さんは、「今回のスタートイベントも、学校でのつながりからプロフェッショナルとして活躍するゲストを招くことができました」と、オペラ歌手の林美智子さんピアニストの石野真穂さんや、「サイエンスマジックショー」で大人も子どもも魅了したコメディーマジックコンビ「キャラメルマシーン」さんを招へいできたことを喜びます。

「キャラメルマシーン」のコメディーマジックに子どもたちは大興奮

「キャラメルマシーン」のコメディーマジックに子どもたちは大興奮

来年秋に予定する記念式典、またその後の卒業式に向けて、「記念ソング」を制作し、卒業しても、ずっと歌い続ける、歌い継ぐことができる“50周年事業”らしい「スクールソング」を作り上げることを目標にしていると語ります。

地元・日吉本町西町会の青会長を実行委員会のオブザーバーとしながら、「IT関連の仕事をしています」という平川さんらしいPTAホームページを通じた日々の情報発信にも、“新時代のPTA”としての大きな注目が集まりそうです。

50周年事業をけん引する平川会長。駒林小学校PTAメンバーおそろいのシャツを着用し「スタートイベント」を盛り上げていた

50周年事業をけん引する平川会長。駒林小学校PTAメンバーおそろいのシャツを着用し「スタートイベント」を盛り上げていた

なお、同小学校では、50周年事業についての取り組みを学校サイトにも掲載。

より分かりやすく、保護者や地域に周年事業についても伝えるための工夫をおこなう「学校」と「PTA」の情報発信力を礎(いしずえ)に、さらに地域と連携した周年事業に発展していくことが望まれます。

【関連記事】

<レポート>日吉唯一の夏祭りは「校庭シアター」、駒林小で初の“屋外”映画上映会(2022年7月25日)

「日吉のヒーロー」富澤さんが母校に帰る、教室コーチ就任で“交通安全”も指導(2022年6月15日)

日吉台小が“地域ぐるみ”の「創立150周年」に向け始動、懐かしい写真や寄付も募集(2022年11月22日)

【参考リンク】

横浜市立駒林小学校のサイト

PTA(50周年実行委員会)主催 50周年プレイベント(同)

駒林小学校50周年記念事業(駒林小学校PTA)

こうまっこブログ~50周年事業 スタート!(同)※「スタートイベント」当日の様子など


カテゴリ別記事一覧