<2022年参院選>期日前投票所は7月に日吉地区センターとトレッサに

横浜日吉新聞

きょう(2022年)6月22日(水)に公示される「参議院議員選挙」の投票日は7月10日(日)ですが、期日前投票所はあす23日(木)から港北公会堂(港北区役所)に設けられ、7月の一部日程で日吉地区センター(日吉本町1)とトレッサ横浜(南棟)(師岡町)にも設置が予定されています。

港北区における「期日前投票」の案内(横浜市サイトより)

港北区内における期日前投票所の開設場所は昨年(2021年)10月に行われた衆議院議員選挙時と同じとなっており、開設日程は以下の通りです。

  • 6月23日(木)~7月9日():港北公会堂(2階会議室)、8時30分~20時
  • 7月2日()~5日(火):日吉地区センター(別館会議室)、9時30分~20時
  • 7月6日(水)~9日():トレッサ横浜(南棟2階グルメブリッジ)、10時~20時

期日前投票所では、投票券が届いていなかったり、持参できなかったりした場合でも投票ができます。

立候補者などが掲載された「選挙公報」は、準備が整い次第、神奈川県の参院選特設ページに掲載する予定としています。

今回の参院選は神奈川選挙区の当選者が5人(5人目は補欠選挙分)となり、多くの立候補が予定されている(港北区内)

このほか、新型コロナウイルス感染症で自宅・宿泊療養などを行っている場合は、港北区選挙管理委員会(港北区民の場合)に保健所などから交付された「外出自粛要請等の書面」を添えて請求する手続きを行うことで「特例郵便等投票」が可能。

また、仕事や旅行、出産などで選挙期間中に他の市区町村に滞在している場合は、港北区選挙管理委員会(港北区民の場合)に投票用封筒と不在者投票証明書を請求するなどの手続きを行うことで「不在者投票」ができます。

横浜労災病院や菊名記念病院、井田病院、関東労災病院、高田中央病院などの「不在者投票指定施設」に入院している場合は、施設へ申し出ることで不在者投票が可能となっています。

)この記事は「横浜日吉新聞」「新横浜新聞~しんよこ新聞」の共通記事です

【関連記事】

・【3年前の前回記事】<参院選>「れいわ」への投票目立った港北区、立憲や維新も伸びる(2019年7月23日)

・【3年前の前回記事】日吉の「投票所」が高い投票率、7月参院選で区内44カ所の結果公表(2019年8月29日)

【参考リンク】

港北区「第26回参議院議員通常選挙について」(期日前投票所の案内など)※各区の期日前投票所一覧はこちら

神奈川県「令和4年執行 第26回参議院議員通常選挙」(選挙公報や候補者情報など)

新型コロナウイルス感染症に係る特例郵便等投票制度について(神奈川県)


カテゴリ別記事一覧