日吉から羽ばたくコーエー「三國志」、暴力追放ポスターで県全域に"覇権" | 横浜日吉新聞

横浜日吉新聞

日吉で生まれた歴史シミュレーションゲームの「三國志」が、神奈川県全域で“暴力追放”を呼び掛けています。

コーエーテクモゲームス、県暴力追放推進センターと県警とののコラボで誕生した暴力追放啓発ポスター。このデザインは「桃園の誓い」の故事をテーマとしている(同社提供)

コーエーテクモゲームス、県暴力追放推進センターと県警とののコラボで誕生した暴力追放啓発ポスター。このデザインは「桃園の誓い」の故事をテーマとしている(同社提供)

日吉発祥、昨年2020年3月に横浜市西区のみなとみらい(新高島駅近く)の新本社へ移転した株式会社コーエーテクモゲームス(鯉沼久史社長)は、公益財団法人神奈川県暴力追放推進センター(中区海岸通)と、神奈川県警察本部(同)との初コラボレーションを実施。

昨年(2020年)9月に、スマートフォン(スマホ)向けゲームとして新たに誕生した「三國志 覇道」のキャラクターを使用しての暴力追放をテーマとする啓発ポスターを初めて展開、今年(2021年)7月より神奈川県内の各警察署や交番などで掲出しています。

この企画は、県における暴力犯罪の撲滅と、「暴力団追放三ない運動+(プラス)1」キャンペーンをより多くの方に知ってもらうことを目的に、ポスターのデザインは、「三國志 覇道」に登場する「三國志」上の英雄・英傑(えいけつ)たちが、暴力団の追放を訴える内容となっています。

県内の警察署と各交番に配布されているデザインは3種類あり、「三國志」のストーリー上、有名だというエピソードを採用。

「反暴力団連合結成」は、暴君・董卓(とうたく)に対抗する「反董卓連合」をモチーフに描かれた(コーエーテクモゲームス提供)

「反暴力団連合結成」は、暴君・董卓(とうたく)に対抗する「反董卓連合」をモチーフに描かれた(コーエーテクモゲームス提供)

まず「暴力団を利用しない」については、劉備(りゅうび)、関羽(かんう)、張飛(ちょうひ)の3兄弟が桃園で義兄弟の誓いを立てたという「桃園の誓い」の故事をテーマとし、「我ら生まれた日は違えども、死すときは同じ日同じ時を願わん」という有名なセリフを“暴力団を利用しない”に変えたといいます。

2つ目の、物々しさすら感じる「反暴力団連合結成」のポスターは、「三國志」内で暴君として描かれている董卓(とうたく)に対し、袁紹(えんしょう)、曹操(そうそう)、孫堅(そんけん)、劉備らが立ち上がり「反董卓連合」を作って対抗したことをモチーフに描かれています。

さらに、3枚目のデザインとなる「暴力には断固屈しない」は、最も有名な戦として知られる「赤壁(せきへき)の戦い」を題材としており、強大な曹操勢力の侵攻を食い止めた周瑜(しゅうゆ)と、彼を支えた妻の小喬(しょうきょう)、姉の大喬(だいきょう)を描いているといいます。

これらのポスターについて、同社の広報担当者は、「武将の名前をあえて入れていません。それでも、もとにしている故事や人物名をすぐに把握して反応されていました。欲しい、売って欲しいという声もいただきましたが、非売品となっています」と、その反響の大きさを感じる日々だといいます。

消防庁とのコラボや自治体との「初」包括連携協定も

同担当者によると、「本社をみなとみらい地区に移転したことにともない、今まで以上に神奈川県、横浜市の企業として地域に貢献できることがないかと考えていました」と、コラボ先を探していたという同センター、そして県警本部との初の協業を喜びます。

3枚目の「暴力には断固屈しない」は最も有名な戦として知られる「赤壁の戦い」を題材としている(コーエーテクモゲームス提供)

3枚目の「暴力には断固屈しない」は最も有名な戦として知られる「赤壁の戦い」を題材としている(コーエーテクモゲームス提供)

「三國志」と公的機関とのコラボレーションは、2016(平成28)年1月の「三國志13」発売前後に、横浜市営地下鉄の全40駅で7人の武将たちがマナー啓発を呼び掛けたポスターや、港北警察署(大豆戸町)とタイアップのうえ作成された防犯ポスターで登場して以来になるとのこと。

さらに同社では、今年6月に新発売された「戦国無双5」と、総務省消防庁(東京都千代田区)との火災予防ポスターの制作や標語募集のキャンペーンを行い、各都道府県庁や全国の消防施設などにポスターの掲示をおこなっています。

さらに、現在も日吉エリアの箕輪町1丁目に本社を置く親会社(持ち株会社)の株式会社コーエーテクモホールディングス(襟川陽一社長)は、今月9月22日に、同社の前身となる株式会社光栄の創業の地・栃木県足利市と、市制 100 周年を記念した包括連携協定を締結。

日吉5丁目の「日吉東交番」にもポスターが掲出されていた(9月22日)

日吉5丁目の「日吉東交番」にもポスターが掲出されていた(9月22日)

高校生を対象とした職業教育活動や、交通安全キャンペーン合わせてのポスターの作成といった自治体との初となる包括連携協定によるチャレンジをおこなう予定だといいます。

コーエーテクモゲームスでは、「『創造と貢献』の精神のもと、今後もエンタテイメント企業として、皆様の心を豊かにするゲームソフトを創造するとともに、学術・文化の発展、地域貢献など、積極的な社会貢献にも努めてまいります」(同担当者)と、さらなる地域社会への貢献に挑戦していく考えです。

【関連記事】

<21年3月期>コーエーが過去最高の業績、スマホ向け「三國志 覇道」など貢献(2021年4月27日)

東急バスも初協賛で盛り上がる、2人の日吉駅長が語る「アートコンテスト」の魅力(2021年9月21日)※コーエーテクモゲームスも協賛

<コーエー>日吉・綱島でも盛り上がる「三國志シリーズ」の最新作は1/28(木)に(2016年1月27日)

コーエー「三國志」が30周年、地下鉄ラリーやファン垂涎のポスターも展開(2015年12月8日)

【参考リンク】

神奈川県暴力追放推進センターのサイト

暴力団を追放するために(神奈川県警察本部暴力団対策課)

コーエーテクモホールディングス公式サイト


カテゴリ別記事一覧