コーエーテクモが新作ゲーム「進撃の巨人」2/18(木)発売を前に都内で発表会

横浜日吉新聞
コーエーテクモゲームスの襟川会長(中央)、鯉沼社長(中央左)を囲んで。ディレクターの喜多村智行氏(左から2番目)も交えて実機プレイが行われた

コーエーテクモゲームスの襟川会長(中央)、鯉沼社長(中央左)を囲んで。ディレクターの喜多村智行氏(左から2番目)も交えて実機プレイが行われた

大人気コミック・アニメ作品が、いよいよリアリティとスピード感に満ちた迫力のゲームとして新発売――株式会社コーエーテクモゲームス(本社:箕輪町1)は、2016年2月18日(木)に発売される新作ゲーム「進撃の巨人」の完成発表会を2月11日に都内で開催しました。

「進撃の巨人」は講談社の人気コミックで、発行部数は累計5000万部以上。アニメや映画化など幅広い展開をしているエンターテイメント作品となっており、今回、新作ゲーム作品としてコーエーテクモゲームスが製作。今回の新作の内容や販売プロモーションについて約1時間にわたり披露したものです。

まずはじめにコーエーテクモゲームス代表取締役会長の襟川(えりかわ)陽一氏が挨拶。同社が各種メディアミックスで大好評を得ている作品との連携を押し進めている旨、会社の方針として説明した後、「楽しい爽快感のあるゲームです。ぜひ、プレイいただきたい」と今回の作品の魅力を熱烈アピールしました。

「進撃の巨人」コミック原作者・諫山創(いさやまはじめ)さんからのメッセージが描かれた色紙も大スクリーンにて披露された

「進撃の巨人」コミック原作者・諫山創(いさやまはじめ)さんからのメッセージが描かれた色紙も大スクリーンにて披露された

続いて、ゲーム機・PlayStation側の代表としてソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジアの盛田厚氏が登場。これまで様々な作品を産み出してきた漫画の世界の中で、この「進撃の巨人」が、「戦わなきゃ、勝てない」中、長い歴史の中、バトンをつないでここまで来た、と、ゲーム化に至ったコーエーテクモでのゲーム化の試みを「意義深いこと」と称え、今後も様々なプロモーションを様々企画展開していくと、このゲームへの意気込みを強調します。

そして、この「進撃の巨人」のプロデューサー・鯉沼久史氏(コーエーテクモゲームス代表取締役社長)が登壇。三年前に、コミックの出版元の講談社へゲーム化したいと打診、承諾をもらったと、今回のゲームを制作するに至ったいきさつを説明。「どうゲーム化をするのか、組み立てては壊し、組み立てては壊しを繰り返し、1年以上試行錯誤をした上、ようやく先が見えてきました。その後もブラッシュアップをして、ようやく楽しめるアクションゲームに仕上がったんです」と、その長い制作の日々の苦労を語ります。

実機プレイの大迫力に一同夢中に。巨人は一体一体異なっており、100体以上登場します、と鯉沼プロデューサー

実機プレイの大迫力に一同夢中に。巨人は一体一体異なっており、100体以上登場します、と鯉沼プロデューサー

原作の特徴だという、自由にハイスピードな移動を行う「立体機動」を実現化させたのが最大の特色。また、迫り来る巨人たちを「駆逐(くちく)」する手に汗握るアクション、オリジナリティあふれる壮大なストーリーを、クオリティの高い映像や、軽快な操作感で再現したというこのゲーム。

「100体以上登場する」(鯉沼氏)という、異なる個性あふれる巨人たちを「討伐」していく実機プレイも披露され、プレイ操作したスペシャルゲストのお笑いタレント・大江健次氏(こりゃめでてーな)、村田秀亮氏(とろサーモン)の両名は、「効果音がズシンと来る。半端じゃないゲームの究極」(大江氏)、「映像のリアリティ、巨人の表情がすごかった」(村田氏)と感想を述べるなど、新作ゲーム「進撃の巨人」の魅力にすっかり酔いしれた様子。

発売後に予定されるダウンロードコンテンツ配信、4人での共闘プレイが可能になるという大型アップデートの無料配信にも期待が高まる

発売後に予定されるダウンロードコンテンツ配信、4人での共闘プレイが可能になるという大型アップデートの無料配信にも期待が高まる

「巨人」ゲストとして登場したしずちゃん(南海キャンディーズ)の登場シーンや、「細かい景色が綺麗。ワーッと飛んだり、壁を歩いたり、すごい楽しいゲーム」という、実機プレイ見学を見たしずちゃんのコメントにも、一同の雰囲気和む新作披露の場となりました。

新作ゲーム「進撃の巨人」は、2月18日(木)に発売。販売価格は下記の通りです。(価格はいずれも希望小売価格)

<通常版>
PlayStation4/PlayStation3版:税別7,800円
PlayStationVita版:税別6,800円

<ダウンロード版>
PlayStation4/PlayStation3版:税別6,762円
PlayStationVita版:税別6,000円

【参考リンク】
ゲーム「進撃の巨人」公式サイト(コーエーテクモゲームス)

コーエーテクモ新作『進撃の巨人』公式Twitter

コーエーテクモゲームス『進撃の巨人』完成発表会 リアル巨人が襲来!?(ニコニコ生放送)

株式会社コーエーテクモホールディングスホームページ

【関連記事】
<コーエー>日吉・綱島でも盛り上がる「三國志シリーズ」の最新作は1/28(木)に(2016年1月27日)

コーエー「三國志」が30周年、地下鉄ラリーやファン垂涎のポスターも展開(2015年12月8日)

商学部出身のコーエー・襟川(えりかわ)社長が慶應日吉で12/9(水)に講演(2015年12月2日)

コーエー・襟川社長、日経紙上でゲーム「三國志」30年の思いを“シブサワ・コウ”として語る(2015年8月3日)

コーエーが4~6月の業績好調、テクモ統合後では過去最高を記録(2015年7月30日)


グーグルからの配信による広告

カテゴリ別記事一覧