コーエーテクモが日吉で「信長の野望」シリーズ最新作の発表会、3/24(木)発売を前に

横浜日吉新聞
「信長の野望・創造―戦国立志伝」完成の記者発表会が横浜日吉のコーエーテクモ本社で行われた。左からプロデューサーの小笠原賢一氏、鯉沼社長、シブサワ・コウ氏、盛田厚氏、スペシャルゲストの高木 渉(わたる)氏。「初めての方にもお楽しみいただけると思います」とシブサワ氏

「信長の野望・創造~戦国立志伝」完成の記者発表会は横浜日吉のコーエーテクモ本社で行われた。左からプロデューサーの小笠原賢一氏、鯉沼社長、シブサワ・コウ氏、盛田厚氏、スペシャルゲストの高木 渉(わたる)氏。「初めての方にもお楽しみいただけると思います」とシブサワ氏

ファン待望の迫力ある“武将プレイ”をシリーズで初めて実現――。コーエーテクモゲームス(箕輪町1)は、2016年3月24日(木)に発売される新作ゲーム「信長の野望・創造~戦国立志伝」の完成発表会を、3月15日(火)の午後、横浜日吉の本社で開きました。

「信長の野望」シリーズは、戦国時代の日本を舞台に織田信長や武田信玄、上杉謙信といった大名らが、日本全土の統一を目指す、コーエーテクモが確立した「歴史シュミレーション」「戦国シュミレーション」というジャンルのゲームで、1983(昭和58)年に第一作が販売された人気シリーズとなっています。

今回の作品では、ファン待望の「信長の野望」シリーズ史上初の“武将プレイ”が実現。戦国時代に生きるリアリティを体験できる

今回の作品では、ファン待望の「信長の野望」シリーズ史上初の“武将プレイ”が実現。戦国時代に生きるリアリティを体験できる

今回発売される「信長の野望・創造~戦国立志伝」は、2013年に30周年記念作品として発売された“創造”を冠したシリーズの最新作として、「乱世を生きる武将のリアリティ」というコンセプトのもと、“シリーズ史上初”の「武将プレイ」を実現。天下を統一するだけでなく、「一武将としての生涯を体験するという新たな楽しみ加えた、シリーズの集大成」(プロデューサー・小笠原賢一氏)といえる作品に仕上がっているのが特徴です。

大河ドラマ「真田丸」でも注目のコーエーテクモならではの最新の3DCGマップを体感しながらゲームを楽しめる

大河ドラマ「真田丸」でも注目のコーエーテクモならではの最新の3DCGマップを体感しながらゲームを楽しめる

今回、日吉で開催された完成発表会には、同社代表取締役の鯉沼久史氏、ゲーム機・PlayStationを扱うソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジアの盛田厚氏、同作品のゼネラルプロデューサーシブサワ・コウ氏(コーエーテクモゲームス代表取締役会長・襟川(えりかわ)陽一氏)が登壇。スペシャルゲストに、NHK大河ドラマ「真田丸」に出演中の俳優・高木渉(わたる)氏を招き、今回の作品でも多く盛り込まれたという「真田丸」についてのエピソードやトークセッションも披露しました。

「大坂の陣」を新シナリオに追加。主人公・真田幸村が大坂城に築いた出城「真田丸」など、大河ドラマさながらの世界を楽しめる

「大坂の陣」を新シナリオに追加。主人公・真田幸村が大坂城に築いた出城「真田丸」など、大河ドラマさながらの世界を楽しめる

今回の作品も、多くユーザーからの意見を採り入れ、大名や城主、家臣など、戦国時代の様々な身分や立場によって生き方が異なる点に着目し、プレイヤーが選ぶ武将次第で、「天下取り」ばかりでなく「立身出世」や「下剋上(げこくじょう)」といった様々なプレイスタイルを楽しめる初の「武将プレイ」を採用。それにあわせ、自分の領地を育てる「箱庭内政」システムを導入し、戦国時代の領地経営を再現したとのこと。

また、大河ドラマ「真田丸」関連の内容も充実させており、戦国時代、最大かつ最後の合戦である「1614年 大坂の陣」を新シナリオに追加。真田幸村が大坂城に築いた出城「真田丸」など、新たに盛り込んだ真田幸村の武勇も楽しめる仕上がりに、多くの戦国時代ゲームファンからの注目が集まっています。

高木渉氏は元々は声優で活躍。大河ドラマへの大抜擢に大変驚き、また、真田信繁(真田幸村)を演じる堺雅人さんらとの共演や現場の一体感が嬉しかったと語ります

高木渉氏は元々は声優で活躍。大河ドラマへの大抜擢に大変驚き、また、真田信繁(真田幸村)を演じる堺雅人さんらとの共演や現場の一体感が嬉しかったと語ります

大河ドラマ「真田丸」には、シブサワ・コウ氏が率いる「信長の野望」チームが戦国時代の勢力分布を映像化した3DのCGマップを初めて提供。横浜・日吉生まれのこの勢力図が大変分かりやすいと大きな話題となっており、「3D地図監修」としてシブサワ・コウ氏の名前がオープニング曲の画面テロップに流れる点についても「家族や友人ばかりでなく、ゲーム業界の皆さんも喜んでくれ、大変嬉しい」とシブサワ氏は笑顔で語ります。

スペシャルゲストとして登壇した「真田丸」で真田幸村の義理の兄・小山田茂誠(しげまさ)役を演じている俳優・高木渉氏は、これまでは俳優ではなく、声優としてのキャリアを磨いてきたという、子ども時代からこれまでのエピソードを披露。

「声優としてこれまでやってきたので、まさか大河ドラマに出演することになるとは。NHK教育の人形劇『新・三銃士』でポルトスの声を担当したのですが、その時、今回の大河ドラマの脚本を手掛ける三谷幸喜さんと知り合ったのが縁となり、今回の出演依頼が来たんです。家族からは“あり得ない”と、テレビに流れる自分の名前を正座しながら観ました」と話し、「真田丸」に人との出会いで出演できたことや、そして今回の出演が大きな人生の転機となったこと、ゲーム業界でも多く声優担当をしてきたことから、シブサワ・コウ氏との出会いや今回のゲーム発表会に招かれたことへの喜びと感謝についても言葉を重ねていました。

横浜日吉のコーエーテクモ(箕輪1)にて完成披露が行われた。本社ビルの中庭スペースには、3月5日にTVKテレビ「あっぱれ!KANAGAWA大行進」日吉特集でも放送された信長の姿が。3月30日には「信長の野望の日」キャンペーンも関連タイトルで行われる

横浜日吉の本社ビルの中庭スペースには、2016年3月5日にTVKテレビ「あっぱれ!KANAGAWA大行進」日吉特集でも放送された信長の姿があり、同社の力の入れ具合がうかがえる。3月30日には「信長の野望の日」キャンペーンも予定

新作ゲーム「信長の野望・創造~戦国立志伝」は、3月24日(木)に発売。1983年に初めて「信長の野望」が発売された日である「3月30日」は、2013年にシリーズの30周年となったことを受け、一般社団法人 日本記念日協会(長野県佐久市)より、「信長の野望の日」として認定されていることから、コーエーテクモでは同日に関連タイトルでの記念キャンペーンを予定しています。

販売価格は下記の通りです。(価格はいずれも希望小売価格)

<通常版>
Windows版:税別9,800円
PlayStation4/PlayStation3版:税別8,800円
PlayStationVita版:税別7,800円

<ダウンロード版>
Windows版:税別8,477円
PlayStation4/PlayStation3版:税別7,619円
PlayStationVita版:税別6,762円

【参考リンク】
「信長の野望・創造~戦国立志伝」公式サイト(コーエーテクモゲームス)

「祝・信長の野望の日~3月30日」サイト(コーエーテクモゲームス)

「信長の野望・創造」公式Twitter

NHK大河ドラマ「真田丸」公式サイト

株式会社コーエーテクモホールディングスホームページ

【関連記事】
コーエーテクモが新作ゲーム「進撃の巨人」2/18(木)発売を前に都内で発表会(2016年2月12日)

<コーエー>日吉・綱島でも盛り上がる「三國志シリーズ」の最新作は1/28(木)に(2016年1月27日)

コーエー「三國志」が30周年、地下鉄ラリーやファン垂涎のポスターも展開(2015年12月8日)

商学部出身のコーエー・襟川(えりかわ)社長が慶應日吉で12/9(水)に講演(2015年12月2日)

コーエー・襟川社長、日経紙上でゲーム「三國志」30年の思いを“シブサワ・コウ”として語る(2015年8月3日)

コーエーが4~6月の業績好調、テクモ統合後では過去最高を記録(2015年7月30日)


グーグル配信による広告と関連記事の紹介

カテゴリ別記事一覧