[PR]高田町のトマトで作るスパゲティー、9/13(日)にオンラインで料理教室

横浜日吉新聞

法人サポーター会員によるPR記事です】自宅で学べるオンライン版「男の料理教室」の第二弾が企画されました。「家事も、育児も、そして仕事も出来る男になろう」を合言葉に、日吉エリアで定期開催されてきた料理教室が“新しい生活様式”に対応し、今月(2020年)9月13日(日)の11時から「採れたてのイタリアントマトとニンニクを使ったスパゲティー」をテーマに、プロの料理人を招き、インターネットを通じて開かれます。

講師と参加者をインターネットをつないで行われた「オンライン料理教室」(8月23日、男の3Gプロジェクト実行委員会提供)

この料理教室を主催しているのは、家事・育児・ビジネスに含まれる「じ」から名付けたという「男の3Gプロジェクト実行委員会」(黒須悟士代表=株式会社クロス・ディメンション社長)で、これまでは、「料理を学ぶことを通じて地域に知り合いを増やす」(主催者の黒須さん)という目的から、下田地域ケアプラザなどを使って開催してきました。

しかし、新型コロナウイルスの影響で転換を迫られ、一同に集まる形式は断念。先月8月23日に初めてオンライン会議システム「Zoom(ズーム)」を使って試験的に実施しています。

講師が調理する様子はオンライン会議システム「Zoom(ズーム)」を通じ、リアルタイムで流す形とした(同実行委員会提供)

「オンラインを通じ、講師と同時並行で調理を進めていくという方法は、主催者も参加者も初めての経験だったので最初は戸惑ってしまった」(同)とはいうものの、参加者からは「そのまま家族のランチにできる」「自宅から参加できるのは便利」といった前向きな声があがったといいます。

そうした声に押され、今回は学ぶ内容をさらに発展させているのが特徴。料理の前日には、具材の一部となる「イタリアントマト」と「無農薬ニンニク」を高田町の農園で収穫し、それらを使ったスパゲティーを作る内容としています。

講師は前回に続き、横浜・野毛のイタリアンレストラン「マルコ102」の店長で下田町在住の浅賀泰三さんを招き、イタリア仕込みの技を交えながらも、家庭で容易に実践できる調理法が伝授される予定です。

今回は高田町の農園で収穫したイタリアントマトや無農薬ニンニクを使ってパスタを作る(同実行委員会提供)

オンライン料理教室で使うイタリアントマトと無農薬ニンニクは、開催前日の9月12日(土)の午前中に高田町の農園で参加者が自ら収穫するか、自宅への配送も可能とのこと。

参加費はイタリアントマトと無農薬ニンニク代・発送費用込みで1人3500円(税込)。事前に申し込みが必要で、パスタなど必要な材料と鍋などの器具は自宅で用意する必要があります。“男の料理教室”と銘打っているものの、女性の参加も可能です。

収穫する、調理する、食べるという一連の流れを味わっていただくことは、また異なる風味をもたらすものです。一度、体験いただけたら」(黒須さん)と話しています。

※ 記事の掲載内容については、直接「男の3Gプロジェクト実行委員会」にお問い合わせください。

【関連記事】

高田町でイタリアントマト収穫体験を再び企画、「田舎に来た気分」と反響(2020年9月3日、農園での収穫体験も別に行われている)

【参考リンク】

9月13日(日)11時~12時「男の料理教室!(女性も大歓迎)」(男の3Gプロジェクト、ページ中ほどに案内と申し込み)

講師の浅賀さんが店長をつとめる「マルコ102」(中区野毛)の案内ページ(ホットペッパーグルメ)

法人サポーター会員:株式会社クロス・ディメンション 提供)


カテゴリ別記事一覧