半年以上ぶり「港北ボランティアガイド」がツアー、9/26(土)午前に

横浜日吉新聞

今年2月以来、半年以上ぶりに港北ボランティアガイドウォーキングツアーが再開します。今月(2020年)9月26日(土)の午前中、「大倉山から芸術散策 新横浜へ」と題し、大倉山駅近くの大倉山記念館から鶴見川沿いの緑道にある野外彫刻を見ながら、新横浜公園まで歩く自然と芸術を感じるルートで、運動不足の解消や気分転換にも最適です。※2020年9月10日追記:応募多数につき、参加は抽選となるとのことです。

9月26日(土)午前中に開かれるウォーキングツアー「大倉山から芸術散策 新横浜へ」のチラシ (港北ボランティアガイドの案内ページより)

新型コロナウイルスの影響により、今年3月8日に開催予定だった「綱島桃まつりと文化遺産の再発見」が中止となって以来、「綱島 花と歴史のツアー」など計7回のツアーが開催できなかった港北ボランティアガイド。

マスク着用や参加者間の距離確保といった対策を行いながら、大倉山記念館から下り坂と平地を中心とした約4.5キロをめぐるルートを設定し、ウォーキングツアーの再開が決まりました。

当日は大倉山駅から徒歩7分の大倉山記念館を9時30分までに出発し、園内の梅林を経由して、大倉山の古刹である高野山真言宗の「歓成院(かんじょういん)」や、秋祭りの神輿で地域に親しまれる「太尾神社」といったスポットを歩きながら、鶴見川沿いの太尾堤緑道へ向かいます。

鶴見川沿いにある太尾堤緑道

太尾堤緑道では、佐野史郎さん主演の映画「おじさん公園のひみつ」(2008年)の題材となった屋外銅像「プリーズ・リクエスト」などを鑑賞しながら、巨大な港北水再生センターの上部を使っためずらしい公園「太尾公園」と「太尾南公園」に立ち寄り、少し高い位置から鶴見川を一望

その後、鶴見川沿いの新横浜公園まで歩き、昼に解散となる行程です。

参加費は300円、今月9月16日(水)までに同ガイド公式サイトのフォームなどから事前申し込みが必要です。定員は50人で応募者多数の場合は抽選となります。

【関連記事】

3年ぶりに「港北ふるさと映像祭」、区内ロケの貴重な映画など6/23(日)に多数公開(新横浜新聞~しんよこ新聞、2019年6月17日、太尾堤緑道が舞台となった映画「おじさん公園のひみつ」についてなど)

【参考リンク】

9月26日(土)開催企画ツアー「大倉山から芸術散歩 新横浜へ」の案内と申し込み(港北ボランティアガイド)※2020年9月10日追記:応募多数につき、参加は抽選


カテゴリ別記事一覧