<週間ランキング>今週も「トンネル」や定額給付金が注目を集めることに

横浜日吉新聞
ランキング

ランキングこの一週間に読まれた記事のベスト10を紹介する「週間ランキング」。先月(2020年)6月26日(金)から今月7月2日(木)までの7日間に計19万6175ページが表示されたなかで、もっとも読まれた記事は、前週に続き6月25日に公開した「新横浜トンネル真上で道路陥没、『綱島トンネル』は掘削工事を継続」の記事でした。

読まれた記事のベスト10は以下の通りです。カッコ内は表示回数(ページビュー=PV)と記事公開日。

  1. 新横浜トンネル真上で道路陥没、「綱島トンネル」は掘削工事を継続(6月25日、19,427)
    → 2週連続の1位となりました。6月12日(金)に「新横浜トンネル」(新綱島~新横浜、駅名は仮称)掘削現場の真上にある環状2号線上で陥没が起き、原因究明のために学識経験者による委員会が24日に議論し、会見が行われました。ここで、綱島トンネルの動向も尋ねて記事にしたものです。次は綱島トンネルも詳しく調べようと思っていた矢先、今週30日(火)に300メートルほど離れた場所で、また環状2号線が陥没することになってしまいました
    → 陥没が相次いだ付近は、大倉山の一部住民が「細かな砂の層が続いており、首都高『横浜北線』の建設時にも地盤の陥没が起きていて懸念している」と指摘し続けており、それが実証されてしまったといえます
    → 地下のちょうど良い深さには「横浜北線」が通っており、それより深く掘ると新横浜駅での乗り換えが不便になるため、地盤の良くない浅い位置にトンネルを掘らざるを得なかったという事情があるのですが、新たな安全対策を練り直さなければならず、2023年3月末までの開業に向けての懸念材料が加わりました
  2. 横浜市民の「定額給付金」、6月末時点の給付件数は約40%を見込む(6月30日、7,992)
    → 国が「全員に給付」という政治決着の末、給付業務は自治体に“落とされ”ました。182万世帯に振り込まなければならない日本最大の自治体として、苦戦している様子が見て取れ、7月2日(木)時点での給付率はまだ47%(対象の91%が申請済み)にとどまります。必要としている人も多いので、何とか頑張っていただきたいところです
  3. <週間ランキング>綱島トンネルの話題、日吉の「HIS」撤退などが注目(6月27日、6,481)
    → 先週6月27日(土)のランキング記事です
  4. グリーンラインの混雑緩和へ「6両編成化」、9月からホーム工事に着手(6月29日、5,792)
    → 6両化が決まったのは2018年でしたが、設計などを行っており、今年夏ごろからはホームの延伸など乗客の目に見える形で工事が始まります。グリーンラインの計画段階では乗客増の期待が薄く、予算圧縮のため4両編成で開業したのですが、ホームなどは将来を見据えて6両編成を前提として設計されていたことは幸いといえそうです
  5. 高田と新吉田つなぐ「高吉橋」、橋名板を高田中・新田中の生徒が揮毫(きごう)(6月29日、4,556)
    → 今年3月末から歩行者に開放された「高吉橋」と新吉田側の「南高吉橋」。橋の名が書かれた銘板の立派な文字は、地元の高田中学校と新田中学校の生徒によるものでした。こうした銘板は“偉い人”が書くことが目立ちましたが、今後何十年にわたって残るだけに、将来の地域を担う中学生が書く意義は深そうです。なお、新吉田と高田は、昭和14(1939)年まで「新田村」(新羽+新吉田+高田)として“仲間”でした
  6. 新型コロナに翻弄された半年間、「日吉・綱島・高田」を中心とした出来事一覧(6月26日、4,419)
    → そろそろ「過去」の忌まわしい出来事として記録しておくべきとの思いからまとめたのですが、7月に入る直前から東京都内で感染者が急増するなど、雲行きが怪しくなっています。「新型コロナに関する出来事一覧」に書き込む内容が今後一切無くなることを祈るばかりです
  7. 綱島街道の東急ストア跡はドラッグストア、2階はクリニックが出店へ(5月15日、2,581)
    → 2週連続のランキング登場、「ドラッグストア クリエイトS・D港北綱島東店」は6月27日(土)オープンしました
  8. 意外に近くを通る「リニア中央新幹線」、田園調布や中原区内などの地下深くにトンネル(2018年6月6日、2,330)
    → 2年前の古い記事ですが、2027年に計画していた「リニア中央新幹線」の開業が遅れそうであることが報じられ、再び記事が読まれることになりました。なお、リニア中央新幹線は、地上の地権者からの同意が不要な深い位置(地下40メートル~)に掘削するため、掘る際の安全性は低くなさそうですが、田園調布などの住宅街の真下を横切る計画となっています
  9. [PR]本格中華を宅配で、日吉駅前「龍華」がウーバーイーツに新挑戦(6月26日、2,201)
    → 日吉駅前の普通部通りにある中華店で、「ウーバーイーツ(UberEATS)」を活用した宅配が始まりました。同店店頭でいつも焼いている名物の「焼き小籠包」も宅配可能とのことです
  10. 港北区が異例の新挑戦、秋に”区民祭り”をオンライン開催の構想(7月1日、1,933)
    → 今年は夏祭りも含め、人が多く集まるイベントを開くことがきわめて難しい状況です。それでも、「ここで中止にしてしまったら、この先どうやって新型コロナに立ち向かえばいいのか」という思いから秋の“区民祭り”はオンラインでの開催を思い立ったといいます。ビジネスイベントや展示会では、オンライン化も始まっていますが、多くの世代が集まり、役所が関わる区民祭りでは異例。港北区の思い切った挑戦に注目です

※「週間ランキング」のバックナンバーはこちら

※「新横浜エリア」(区内南部)の週間ランキングはこちら


カテゴリ別記事一覧