※開催中止※理系の祭典「矢上祭」が20周年、300人超の学生が支える企画の舞台裏

横浜日吉新聞
20回目の開催となる慶應義塾大学理工学部「矢上祭」実行委員会の皆さん。前列中央が委員長の中野さん、後列中央が副委員長の藤田さん(2019年10月1日)

20回目の開催となる慶應義塾大学理工学部「矢上祭」実行委員会の皆さん。前列中央が委員長の中野さん、後列中央が副委員長の藤田さん(2019年10月1日)

近郊の小・中・高校生たちに親しまれる理系キャンパスでありたい――そんな想いを抱きながら、地域に根差した行事として企画されている「矢上祭」(同実行委員会主催)が、今年(2019年)で20回目となる節目の開催を迎えます。(※)2019年10月10日編集部追記:主催者によると、台風19号の進路状況や交通機関への影響から、両日とも開催中止とのことです。

矢上川沿いの日吉3丁目にある慶應義塾大学理工学部の矢上キャンパスで、毎年10月上旬の土曜日、日曜日に行われる学園祭として、広く地域で親しまれている矢上祭。

今年は、今週末の10月12日(土)12時15分から19時まで、10月13日(日)10時から19時までの2日間の開催を予定し、300人を超える同実行委員会の学生により、着々と準備が進められています。

実行委員会には300人超の学生が集う。7つの部局と、統括する執行部で組織を運営。揃(そろ)いのジャンパーで

実行委員会には300人超の学生が集う。7つの部局と、統括する執行部で組織を運営。揃(そろ)いのジャンパーで

今回のテーマはSpark(スパーク)”。「20 年間積み上げた土台を活かし、どこまでも弾けていくような活気づいた学園祭」(同祭の公式サイト)を目指すとのこと。

「パンフレットの表紙も、“スパーク”(というテーマ)を“光”に見立てて表現しました。20周年の記念として、さらなる発展をとの願いを込めて作成しました」と、同会広報局の局長で、慶應義塾志木高校(埼玉県志木市)出身で川崎市在住の金子真史(まさし)さんは、1・2年生がデザインしたという、届いたばかりだという同冊子を手に取り、その一冊に込めた想いを熱く語ります。

7つの部局・執行部の300人超が「想い一つに」イベントをつくる

A4フルカラーで約6千部印刷された「矢上祭2019」のパンフレットには、高齢の方にも読みやすいよう文字を大きくしたり、スタンプラリーのページを最終に置いたりするなどの工夫を凝らしている

A4フルカラーで約6千部印刷された「矢上祭2019」のパンフレットには、高齢の方にも読みやすいよう文字を大きくしたり、スタンプラリーのページを最終に置いたりするなどの工夫を凝らしている

1年に1回の“理系の祭典”が開かれるまでのプロセスには、実はほぼ1年近い歳月の準備期間が設けられています。

前年の「矢上祭」が終了したのち、数週間で同会のメンバー募集は始まるといい、7つの部局と、統括する執行部で組織・運営されているとのこと。

実行委員を引っ張るリーダーは、委員長で愛知県名古屋市出身の中野夏海(なつみ)さん。大学入学した際の新歓活動を見て「面白そう」と感じ、「矢実(やじつ)」と言われる同会への参加を決めたといいます。

慶應志木高校出身の金子真史(まさし)さん(最左)が局長を務める広報局メンバーがパンフレットを作成。「矢実」メンバーの想いが、この冊子にはぎっしりと詰まっている

慶應志木高校出身の金子真史(まさし)さん(最左)が局長を務める広報局メンバーがパンフレットを作成。「矢実」メンバーの想いが、この冊子にはぎっしりと詰まっている

片道2時間もかけて通学しているという、東京出身の副委員長・藤田晃成(あきなり)さんも、「慶應義塾の、しかも理系学生ばかり集まれるという特殊性もあり、まさに“最初の友達”が作れると好評なんです」と、学年単位では約100人規模での入会者があることにより、矢上キャンパスで最大規模のコミュニティーに“参加できる”という、かけがえのないメリットが同会にはあるとのこと。

室内でのイベントを今年は8企画も運営するという、室内局の局長・佐伯爽(あきら)さんは日吉出身。「小学生時代に子ども会で参加した“お化け屋敷”の記憶が印象的でした。室内局で、逆に企画する立場となりました」と、より地域に根付いたイベントとして成長し、また地域向けの企画もより深まってきていると、自身の想い出にも重ねて、笑顔で“地位密着イベント”として根付かせたいという想いを語ります。

「事前の仕事」と「当日の勝負」で役割分担も

矢上祭を運営するにあたっての「仕事のタイミング」が大きく分かれる部局も。「まさに“事前の仕事”が大半の比率を占めています」と語るのは、東京都出身で渉外局局長を務める井田美咲季さん

Tシャツは各部局ごとに異なるオリジナルのデザイン

Tシャツは各部局ごとに異なるオリジナルのデザイン

高校時代、推薦入学で慶應義塾への進学を決めていた時に、初めて“子どもたちであふれる”矢上祭を、当時の友人と初体験しました」と、矢上祭と自身の初めての出会いを語る井田さん。

井田さんたち渉外局のメンバーが奔走したスポンサー獲得。今年度の協賛企業数は計189社(日吉近郊の地元店舗などを除く、2019年9月20日現在)に上るなど、「地元企業には直接出向くことで、お店を知り、コミュニケーションをはかることもできました」と、直接訪問や電話で交渉、卒業生のつながりのある先も歓迎してくれるケースも多く、協賛が毎年増加傾向であることを井田さんは喜びます。

開催当日は、協賛してもらった物品を、福引やゲームなどの景品としてプレゼントする予定とのことで、「多くの企業や店舗の皆さんの魅力を伝えることができたら」と、当日にも行う予定の“渉外局”としての仕事をアピール。多くの来場を呼び掛けます。

各部局ごとのチームワーク、そして執行部を交えた全体のコミュニケーションの良好さが、「矢上祭」の地域での“快進撃”を支える原動力となっている

各部局ごとのチームワーク、そして執行部を交えた全体のコミュニケーションの良好さが、「矢上祭」の地域での“快進撃”を支える原動力となっている

また、“当日こそが大きな勝負”となるのがステージ局横須賀市出身の局長・服部和(やまと)さんは、メインステージの企画・運営や、設営・誘導など、まさに開催両日の一切合切を取り仕切る重責を担います。

1年生は、イベントそのものをほとんどのメンバーが未経験なので、ステージの進行を想像しづらいことから、きちんと運営できるのかどうか。“頑張り甲斐”がある仕事なので、(未経験のメンバーにも)しっかりと教え、ステージの成功に導いていけたら」と、その進行の難しさ、ゆえに感じる仕事のやりがいについても言及します。

今年は20周年を記念してのスペシャル・ゲストに、テレビアニメ「ONE PIECE(ワンピース)」の主題歌の歌手として知られるただにひろしさんポケットモンスターの声優・歌手として知られる松本梨香さんを招いた交渉も、「(服部さんらが)20周年ということで特別にお願いしたんです。大型ゲストを2人も招けるのは、大変珍しいこと」と、2人の矢上祭でのコラボが実現することに、ぜひ注目してもらいたいと意気込みます。

20周年ならではの企画が盛りだくさん、「より多くの来場を」

日吉出身の佐伯さん(左)は小学生の頃、お化け屋敷の怖さに耐えられず、「わずか3分で」外へ出てしまったという。今回は、自らがお化け屋敷を企画する側で、実行委員としての記念すべき最終年を彩る

日吉出身の佐伯さん(左)は小学生の頃、お化け屋敷の怖さに耐えられず、「わずか3分で」外へ出てしまったという。今回は、自らがお化け屋敷を企画する側で、実行委員としての記念すべき最終年を彩る

室内局では、20回開催を記念し、やはりスペシャルゲストとして、人の心を読み、操る技術「メンタリズム」を駆使するメンタリスト・DaiGo(ダイゴ)さんほかを招いての室内ステージ「Yagami ch.」を開催。

今回は、数字の「20」にちなんだ小企画も多く練っているといい、2017年の約1万300人、2018年の約1万千人を多く超える1万5千人の来場を目指していると、実行委員長の中野さん。

「新しい試みとして、ドット絵での装飾によるお菓子プレゼントにもチャレンジします。また、毎年恒例の花火も、よりグレードアップしフィナーレを飾る予定です。ぜひ、300人の“矢実”メンバーの想い詰まった、20回目ならではの矢上祭に、お近くの皆様と一緒に参加してもらえたら」と、中野さん、藤田さん、そして同実行委員のメンバーは、当日の多くの来校を呼び掛けています。

【参考記事】

2018年「矢上祭」は10/6(土)・7(日)、ロボットやARなど先端技術の体験も(2018年10月4日)※昨年の記事

初の“高校生クイズ”や東大・早大とのコラボも、2016年「矢上祭」は10/8(土)・9(日)に(2016年9月19日)※追記レポートあり

【参考リンク】

【第20回矢上祭中止のお知らせ】(矢上祭公式サイト)※リンク追記

慶應義塾大学 矢上祭実行委員会公式Twitter

20th矢上祭公式プレサイト(同実行委員会)


グーグルからの配信による広告

カテゴリ別記事一覧