<週間ランキング>相鉄・JR直通線の運賃、綱島にもある焼肉チェーンの休業など

横浜日吉新聞
ランキング

ランキングこの一週間に読まれた記事のベスト10を紹介する「週間ランキング」。先月(2月)22日(金)から28日(木)までの7日間に計20万3790ページが表示されたなかで、もっとも読まれた記事は、2月27日(水)に公開した「JR武蔵小杉から『羽沢横浜国大』まで310円、相鉄側は従来運賃に30円を加算」の記事でした。

読まれた記事のベスト10は以下の通りです。カッコ内は表示回数(ページビュー=PV)と記事公開日。

  1. JR武蔵小杉から「羽沢横浜国大」まで310円、相鉄側は従来運賃に30円を加算(2月27日、13,852)
    → 「相鉄・JR直通線」の運賃が2月26日に発表され、武蔵小杉駅方面から羽沢横浜国大駅まではJR線で、首都圏JR線と同じ運賃体系となりましたが、その先の相鉄線区間は、建設費を回収するとの観点から一律30円の加算運賃が設定されることになりました
  2. 綱島などで展開の焼肉チェーンが2/25から一時閉店、一部店舗で下痢や嘔吐(2月26日、11,136)
    → すかいらーくホールディングス傘下で全国60店超の焼肉レストラン「じゅうじゅうカルビ」が、綱島東2丁目の店を含めて一時休業状態となっています
  3. 日吉の美容室グループが2/27(水)新ビル移転、美容師の技術や”強み”活かす新体制に(2月22日、8,030)
    → 日吉中央通り近くに新設された「重田ビル」に移転し、2月27日から新たに営業を始めています
  4. 綱島→日吉でロケの「路線バスで寄り道の旅」、2/24(日)にテレ朝で再び放送(2月21日、5,098)
    → 2週連続でランキング登場となりました
  5. 人口35万人もいるのに「無投票」の可能性、4/7(日)の県議選・港北区選挙区(2月25日、5,967)
    → 「神奈川県」の議員を決める選挙が今のままでは無投票となるかもしれません。「横浜市」の議員選挙には定員を大きく上回る立候補が予定されているのに、今のところ「県」の希望者は定員の4人ちょうど。もし、港北区で無投票ということになれば、県議会のあり方も問われることになるのではないでしょうか
  6. 2020年4月開校「箕輪小学校」、教職員の配置に配慮、木材利用の促進も(2月27日、2,917)
    → 新設校となるため、母体となる学校などから地域や児童をよく知る教職員を配置するよう配慮するとともに、校舎にはなるだけ木材利用を推進するとのことです
  7. <綱島台>文化財の飯田家住宅、22年ぶりに屋根の茅ふき替えで子どもたちも歓声(2月25日、2,272)
    → 街の探検イベント「トレジャーウォークラリーin日吉」で立ち寄りポイントとなり、第14代目当主・飯田助知(すけとも)さんが自ら子どもたちを迎えました。日吉の児童は普段あまり見ることがない綱島の文化財に接し、歓声が上がっていました
  8. 日吉~新綱島~新横浜間は「東急新横浜線」、日吉が東横・目黒線との分岐駅に(2018年12月13日、2,064)
    → 相鉄・JR直通線の運賃が発表されたことに関連し、昨年12月の「相鉄・東急直通線」の記事が久しぶりに読まれました
  9. <相鉄・東急直通の鉄道新線>日吉・綱島住民なら知っておきたい3つの焦点と展望(2016年5月15日、1,972)
    → こちらも同様に2016年の記事が読まれました
  10. シンガポール発の買物代行サービス「オネストビー」、日吉・綱島・高田でも対応(2月28日、1,803)
    → 都内中心部では提携店舗が多数あり、さまざまな「買物」を依頼することができますが、現時点では港北区の提携店舗が少ないため、浸透するのはまだ先となりそうです

※「週間ランキング」のバックナンバーはこちら

※「新横浜エリア」(区内南部)の週間ランキングはこちら


グーグル配信による広告と関連記事の紹介

カテゴリ別記事一覧