<綱島台>文化財の飯田家住宅、22年ぶりに屋根の茅ふき替えで子どもたちも歓声

横浜日吉新聞
22年ぶりの茅葺き屋根の「葺き替え」が行われている綱島台の「飯田家住宅」主屋(1889年建築、2019年2月24日)

22年ぶりの茅葺き屋根の「葺き替え」が行われている綱島台の「飯田家住宅」主屋(1889年建築、2019年2月24日)

綱島の歴史的建造物で約22年ぶりの光景が見られます。綱島郵便局に隣接した綱島台に1889(明治22)年に建築された「飯田家住宅」(横浜市指定有形文化財・1994年11月指定)の主屋(おもや)で、1997年以来、約22年ぶりとなる茅葺(かやぶ)き屋根の葺(ふ)き替え作業が行われています。

先月(2019年1月)17日より行われているもので、同家の第14代目当主・飯田助知(すけとも)さんは、「今年は雨や雪も少なく、天候に恵まれていることから、大変助かっています」と、寒さ厳しかろう冬の季節においても、茅の葺き替え作業が順調に行われている状況を、安堵(あんど)のまなざしで見つめます。

この日(2月24日)は地域の小学生を対象としたウォーキングイベント「トレジャーウォークラリーin日吉」の立ち寄りポイントに。間近で見る茅の葺き替えに子どもたちが歓声を上げていた

この日(2月24日)は地域の小学生を対象としたウォーキングイベント「トレジャーウォークラリーin日吉」の立ち寄りポイントに。間近で見る茅の葺き替えに子どもたちが歓声を上げていた

江戸時代初期から綱島(旧北綱島村)の名主として知られてきた飯田家は、同家の主屋とともに、並び建てられている表門(長屋門)も同文化財に指定されています。

通常は非公開の同家ですが、きのう(2月)24日に開催された地域ウォーキングイベント「トレジャーウォークラリーin日吉」(日吉地区青少年指導員連絡協議会主催)では、綱島エリアの青少年指導員の協力により、同家を立ち寄りポイントとしてサプライズ設定

同イベントに参加の100人を超える小学生や随行する保護者らが、茅の葺き替え作業を行う「地域の宝」に“間近”で出会えた偶然に驚き、同イベントに協力する当主・飯田さんとの“遭遇”にも、ひときわ大きな歓声を上げていました。

飯田助知さん(手前)が見守る中、「港北ふるさとテレビ局」(伊藤幸晴代表)も葺き替えの様子を撮影取材していた

飯田助知さん(手前)が見守る中、「港北ふるさとテレビ局」(伊藤幸晴代表)も葺き替えの様子を撮影取材していた

主屋の茅の葺き替えは、来月(3月)15日頃までの約2カ月間を予定しているとのことです。

)この記事は複数の読者の方による情報提供をきっかけに取材を行いました。ありがとうございます。

【関連記事】

日吉で「謎解き」探偵まち歩き、綱島も初散策の恒例ウォークラリーは2/24(日)(2019年1月29日)※綱島エリア探訪は初めての試み

2018年の綱島桃まつりは3/11(日)、鉄道工事の影響と“桃”を継ぐ人々(2018年3月7日)※飯田助知さんが実行委員長・今年(2019年)は3月10日に開催予定

大綱橋近くに「綱島温泉の石碑」が復活、樽町の町内会が奔走し、綱島の有志も(2019年2月18日)※85年前に石碑設置に関わった飯田家についての記述

11/14(土)に日吉の貴重な歴史的建物を一般公開、まち歩きツアーも(2015年9月29日)※港北区のイベントでも公開された

【参考リンク】

飯田家住宅(ウィキペディア)


グーグル配信による広告と関連記事の紹介

カテゴリ別記事一覧