<週間ランキング>日吉5「学生寮」計画のその後&箕輪町で野村不動産の社長会見に注目

横浜日吉新聞
ランキング

ランキングこの一週間に読まれた記事のベスト10を紹介する「週間ランキング」。今月(2018年10月)5日(金)から11日(木)までの7日間で計17万3341ページが表示されたなかで、もっとも読まれた記事は、10日(水)に公開した「日吉5丁目の『学生寮』は中止、ワンルーム50戸に物販・医院・保育所が入る計画に」の記事でした。

読まれた記事のベスト10は以下の通りです。カッコ内は表示回数(ページビュー=PV)と記事公開日。

  1. 日吉5丁目の「学生寮」は中止、ワンルーム50戸に物販・医院・保育所が入る計画に(10月10日、4,901)
    → 「日吉宮前地区」と呼ばれる緑の多いエリアに、農地跡で191戸の学生寮計画がありましたが中止となり、ワンルームと地域向けテナントの物件に変わりました。学生寮ではなくとも、人口が増えていますので、テナントに歓迎の声は多いものとみられます
  2. 野村不動産の社長らが箕輪町で会見、「プラウドシティ日吉」が同社戦略の試金石に(10月11日、2,987)
    → 野村不動産の宮嶋誠一社長や松尾大作取締役らが箕輪町の再開発地内で会見を開催。大手新聞社を含め約50人の記者を集め、“扉を開く”“活動のアクションとなる”という考え方から名付けたという「ACTO(アクト)」という取り組みなどについて説明が行われました。長期にわたって人々が緩やかにつながるコミュニティをつくるため、日吉を皮切りに同社のさまざまな物件でACTOの取り組みを導入していく方針です
  3. 2018年「矢上祭」は10/6(土)・7(日)、ロボットやARなど先端技術の体験も(10月4日、2,898)
    → 恒例の2日間は、今年も子どもから大人まで多くの人が訪れており、昨年のように雨にならなかったのも幸いでした
  4. 一軒家の交流スペース「よってこしもだ」が閉館、男性向け料理教室など最後の企画(10月8日、2,850)
    → 一軒家の空き家を活用し、下田町の有志がボランティアで開設した異世代交流スペース「えんがわの家よってこしもだ」が来月3日(金)に閉館となります。最後に唯一の男性ボランティアスタッフが「男性の地域参加を促す一助となれば」と、同施設ではめずらしい男性向けのイベントを企画し、14日(日)と28日(日)に行われます
  5. 「日吉駅~鶴見駅」間の事業化検討を明記、京浜臨海部の再編整備プランに(10月1日、2,768)
    → 2週連続でランキング登場となりました。
  6. 台風24号の暴風で倒木被害、夢見ヶ崎公園「秋の動物園まつり」が中止に(10月5日、2,639)
    → 先月30日(日)の深夜(日付は10月1日)に来襲した台風は近年まれに見る暴風で、日吉周辺でも被害をもたらし、このような形となってしまいました
  7. 日吉7丁目のローソンストア100跡に「まいばすけっと」、日吉だけで9店目に(10月9日、2,588)
    → ミニスーパーの後は別会社のミニスーパーがすぐに入ることになり、買物の利便性は損なわれない形とになったのは、周辺住民にとって幸いだったといえそうです
  8. <相鉄・東急直通の鉄道新線>日吉・綱島住民なら知っておきたい3つの焦点と展望(2016年5月15日、2,313)
    → 4週連続でランキング登場となりました
  9. 第4次安倍内閣の「財務副大臣」に神奈川7区から選出の鈴木馨祐衆院議員(10月5日、2,068)
    → 港北区と都筑区から選出された鈴木馨祐(けいすけ)衆議院議員が財務副大臣として政府に入ることになりました。鈴木財務副大臣は、麻生太郎財務大臣のもとで、税制改正や関税改正、国際問題などの分野を担当するとのことです
  10. コトニアガーデン新川崎で「まちフェスタ」、10/8(月・祝)にマルシェや運動企画(10月6日、1,747)
    → 当初はコトニアガーデン新川崎の裏手にある「夢見ヶ崎動物公園」の秋まつりと連動する予定でしたが、台風被害で中止となり、単独でのイベント開催となりました

※「週間ランキング」のバックナンバーはこちら

※「新横浜エリア」(区内南部)の週間ランキングはこちら


グーグルからの配信による広告

カテゴリ別記事一覧