神奈川県鉄道輸送力増強促進会議

横浜日吉新聞

JR武蔵小杉駅の新ホーム供用は「2022年度末ごろ」となり、新川崎駅への改札口の新設要望については「現時点で実施する計画はない」という内容でした。 県知事が会長をつとめ、県内自治体などが参加する「神奈川県鉄道輸送力増強促 …

2021年もJR武蔵小杉駅の混雑対策や新川崎駅の改良などを要望しています。県知事が会長をつとめ、県内自治体などが参加する「神奈川県鉄道輸送力増強促進会議」は、各鉄道会社に対する2021年度分の要望をまとめ、その内容を今月 …

新川崎駅の駅舎改良や「高崎線」方面列車の停車を――。神奈川県知事が会長をつとめ、横浜市などの県内自治体で構成する「神奈川県鉄道輸送力増強促進会議」は、県内の各鉄道会社への2020年度分の要望をまとめ、その内容を今月(20 …

利用客増が見込まれる新川崎駅に高崎線からの「湘南新宿ライン」列車も停車を――。神奈川県知事が会長をつとめ、横浜市などの県内自治体で構成する「神奈川県鉄道輸送力増強促進会議」の2017(平成29)年度総会がきのう(2017 …

神奈川県知事が会長をつとめ、横浜市や川崎市などの県内自治体で構成する「神奈川県鉄道輸送力増強促進会議」は、武蔵小杉駅の南武線側の駅舎と横須賀線ホームを結ぶ連絡通路について、利用者の快適な通行環境を確保するようJR東日本側 …

カテゴリ別の記事一覧