<週間ランキング>GW明けの学校は? 日吉周辺のチェーン店で感染休業など

横浜日吉新聞
ランキング

ランキングこの一週間に読まれた記事のベスト10を紹介する「週間ランキング」。先月(2020年)4月24日(金)から30日(木)までの7日間に計33万6605ページが表示されたなかで、もっとも読まれた記事は、4月24日に公開した「横浜市の感染者は累計300人超、港北区29人で市内2番目、青葉区が急増(4/24時点)」の記事でした。

読まれた記事のベスト10は以下の通りです。カッコ内は表示回数(ページビュー=PV)と記事公開日。

  1. 横浜市の感染者は累計300人超、港北区29人で市内2番目、青葉区が急増(4/24時点)(4月24日、65,290)
    → 先週の4月24日金曜日時点での記事です。記事時点で横浜市内の累計感染者は301人でしたが、きのう5月1日には373人にまで増えており、このうち港北区在住者は34人となっています。最新の記事はこちらに掲載しています
  2. 川崎市の「新型コロナ」感染急増、累計200人突破、最多は中原区41人(4/22掲載)(4月22日、17,193)
    → 2週連続のランキング登場。きのう5月1日現在で中原区の感染者数は48人となっており、まもなく50人に達する勢いです
  3. <横浜市の小中学校>GW明け5/10(日)まで休校、再開日は6日までに通知(4月28日、14,825)
    → 5連休明けすぐに再開は難しいとの配慮から、とりあえず5月10日(日)までの休校延長は決まりましたが、国による「緊急事態宣言」解除の見通しが立っていないため、11日(月)からの学校再開は厳しい状況です。教育現場でのIT活用を重視してこなかったツケで、双方向の形で授業のネット配信など望めるはずもなく、児童生徒の学力低下が懸念されます
  4. 越路交差点近く「マクドナルド」が4/23(木)から臨時休業中、感染者判明で(4月25日、13,590)
    → 「川崎日吉」の南加瀬にある大型のマクドナルドで、アルバイトの感染判明によって4月23日から臨時休業となっていましたが、きのう5月1日(金)から再開しています。閉店中も知らずにドライブスルーへ入って来る車が目立っていたのが印象的でした
  5. <外出自粛>今こそ地域を知るチャンス、日吉・綱島・高田の自治会町内会「リンク集」(4月27日、7,424)
    → 日吉・綱島・高田では主要な自治会・町内会がほぼ公式ホームページを開設していますので、この機会に一度チェックしてみてください
  6. <週間ランキング>港北区も周辺も止まらない「新型コロナ」感染者増(4月25日、7,162)
    → 先週のランキング記事です
  7. <横浜市>持ち帰り・配達行う「飲食店情報」を募集、オープンデータで公開(4月24日、6,088)
    → 横浜市経済局が飲食業の許可などのチェックを行ったうえで一覧データとして公開しています。商店街や団体への加盟有無は問わず、積極的に情報を募集しているとのことです。5月1日時点で港北区内はまだ14軒のデータしかないので、区内の飲食店は登録を考えてみてはいかがでしょうか
  8. 日吉・綱島・高田「沿線市区」でも感染者増の傾向続く(4/30記事公開)(4月30日、5,878)
    → 東京中心部では人口に占める感染者の割合が「1000人に1人」をすでに切っている状況です。都内に近ければ近いほど、感染者が多くなっていく傾向が現れています
  9. 横浜市の新型コロナ感染者は累計100人突破、4月に急増、行政区別は非公表(4月10日、4,737)
    → 3週連続のランキング登場です。横浜市内での患者数は3月が30人弱だったのに、4月は330人以上の発生となってしまいました。5月はできうる限り減らし、“新型コロナ以前”の日常を取り戻したいものです
  10. <元住吉駅の周辺商店街>新型コロナ拡大前より人出が増加、県が分析データ(4月20日、4,450)
    → 2週連続のランキング登場です。その後のデータを見ていると、元住吉の人出が少しは減っているものの、まだ“新型コロナ以前”よりも多い状況が続いており、この5連休中はどうなるのか、懸念されるところです

※「週間ランキング」のバックナンバーはこちら

※「新横浜エリア」(区内南部)の週間ランキングはこちら


カテゴリ別記事一覧