横浜市の新型コロナ感染者は累計100人突破、4月に急増、行政区別は非公表(4/8時点)

横浜日吉新聞

緊急事態宣言が出されるなか、6月までに順次移転が予定されている新たな横浜市市庁舎(馬車道駅近く)

横浜市は今月(2020年)4月8日時点での新型コロナウイルス感染患者数を4月10日に公開し、市内の感染患者数は累計102人(2月上旬に大黒ふ頭へ着岸したクルーズ船内や政府チャーター機帰国者の感染者を除く)となり、2月18日に初の患者が発生して以来、4月に入ってからは感染患者数が急増した結果、100人を突破しました。【2020年4月10日14:45記事公開】※【2020年4月17日追記】感染者数は、8日後の4月16日時点で200人を突破しました。こちらの記事をご覧ください

横浜市内では、2月の感染患者数は4人で、3月も26人にとどまっていましたが、4月は8日間だけで72人(確定日調査中の3人含む)が発生しています。

横浜市の新型コロナウイルス感染患者の発生状況を知らせるページは、年代や症状などが一覧となっており見やすいが、公式発表から遅れて更新されることが多い

市が4月10日に公表した4月8日時点での感染患者情報をもとに集計したところ、市内患者の6割超が男性で、年代別では30代が17.6%でトップ。続いて50代の16.7%60代と70代がそれぞれ14.7%となっていました。

横浜市は、4月10日までに行政区ごとの感染患者数を公開していませんが、3月上旬に港北区内ではスポーツクラブ利用者2人が感染していたことを市と事業者がそれぞれ公表したほか、その後も菊名の救急病院勤務者や、新横浜ではビジネスホテル利用者と企業勤務者に感染者が発生していたことを事業者がそれぞれ個別に公表しています。(【4月10日17:32追記】このほか、横浜市中心部に本社を置く企業から、新横浜の事業所に勤務する1人が感染したことが新たに公表されました。)

東京都・川崎市側から横浜市内への“出入口”となっている東急日吉駅は港北区内にある

東京都内では23区を中心に感染患者の急増が続いており、隣接する川崎市でも増加傾向がみられます。都内へ近い行政区で、最大人口を持つ港北区での感染患者数の公表が待たれます。

以下、横浜市の新型コロナウイルス感染患者の発生状況と、周辺都市の状況をまとめました。

▼ 横浜市内の月別発生数(4月8日発表分時点)

)いずれも2月上旬に大黒ふ頭へ着岸したクルーズ船内や政府チャーター機帰国者の感染者を除く

  • 2月:4人(2月18日~)
  • 3月:26人
  • 4月:72人(4月8日発表分時点)

▼ 横浜市内の性別発生数

  • 男性:62人(60.8%)
  • 女性:40人(39.2%)

▼ 横浜市内の年代別患者数

  • 幼児:2人(2.0%)
  • 10代:0人(0.0%)
  • 20代:14人(13.7%)
  • 30代:18人(17.6%)
  • 40代:13人(12.7%)
  • 50代:17人(16.7%)
  • 60代:15人(14.7%)
  • 70代:15人(14.7%)
  • 80代:5人(4.9%)
  • 90代:3人(2.9%)

▼ 横浜市内の患者の症状経過

  • 退院:14人(男9・女5)
  • 無症状:1人(男1・女0)
  • 軽症:68人(男38・女30)
  • 軽症~中等症:8人(男7・女1)
  • 中等症:7人(男4・女3)
  • 中等症~重症:1人(男1・女0)
  • 重症:2人(男2・女0)
  • 死亡:1人(男0・女1)

▼ 周辺地域における新型コロナウイルス感染患者の発生状況

川崎市はTwitterを通じ感染患者の発生状況を一覧にして記者会見と同時に発信している(川崎市シティプロモーション担当Twitter@kawasaki_prの4月9日公表資料より)

)横浜市の人口は375.3万人(4月1日現在)

  • 川崎市全体:85人(4月9日現在、※「市外等」の数含む)(人口:153.5万人=4月時点)
  • 川崎市中原区:18人(4月9日現在)(人口:26.2万人=4月時点)
  • 川崎市高津区:12人(4月9日現在)(人口:23.3万人=4月時点)
  • 川崎市川崎区:12人(4月9日現在)(人口:23.3万人=4月時点)
  • 川崎市宮前区:11人(4月9日現在)(人口:23.3万人=4月時点)
  • 川崎市多摩区:10人(4月9日現在)(人口:22.0万人=4月時点)
  • 川崎市麻生区:6人(4月9日現在)(人口:18.0万人=4月時点)
  • 川崎市幸区:10人(4月9日現在)(人口:17.0万人=4月時点)
  • 東京都大田区:51人(4月9日現在)(人口:73.8万人=4月時点)
  • 東京都世田谷区:130人(4月9日現在)(人口:92.1万人=4月時点)
  • 東京都目黒区:57人(4月9日現在)(人口:28.2万人=4月時点)
  • 東京都渋谷区:59人(4月10日現在)(人口:23.0万人=3月時点)
  • 東京都品川区:56人(4月8日時点=東京都調査分)(人口:40.4万人=4月時点)
  • 横須賀市:22人(4月9日現在)(人口:39.2万人=3月時点)
  • 藤沢市:23人(4月9日現在)(人口:43.5万人=4月時点)
  • 東京都町田市:21人(4月9日現在)(人口:42.8万人=4月時点)
  • 港北区:不明=非公表(人口:35.4万人=4月時点)
  • 鶴見区:不明=非公表(人口:29.3万人=4月時点)
  • 都筑区:不明=非公表(人口:21.3万人=4月時点)
  • 青葉区:不明=非公表(人口:31.0万人=4月時点)

【関連記事】

新型コロナ感染数、4/10(金)時点で港北区は11人、行政区別に3日遅れで公開(2020年4月13日)※リンク追記

新横浜のビジネスホテル客や企業勤務者が「新型コロナウイルス」感染(新横浜新聞~しんよこ新聞、2020年4月10日)

【新型コロナ】港北区内の病院で職員が感染、4/3(金)から外来診療を一時中止(新横浜新聞~しんよこ新聞、2020年4月2日)

港北区内施設での感染者発生、同一日利用者の「健康観察期間」は終了(新横浜新聞~しんよこ新聞、2020年3月19日)

【参考リンク】

横浜市内の新型コロナウイルスに感染した患者の発生状況(横浜市健康福祉局)


カテゴリ別記事一覧