急増する横浜市の「新型コロナ」感染者数、4/16(木)に累計200人を突破

横浜日吉新聞

横浜市はきょう(2020年)4月16日(木)夜、新型コロナウイルスへの感染者23人が新たに確認されたことを公表し、これで累計感染者数は218人となりました。100人を突破したのが先週の4月8日(水)でしたが、それから8日間の間に感染者が100人以上増えたことになります。【2020年4月16日23:31記事公開】※【4月17日22:30追記】最新の区別人数が公表されました。詳細は「新横浜新聞~しんよこ新聞」の記事をご覧ください。

4月に入り横浜市内での新型コロナウイルスへの感染患者数は急増している(4月16日時点)(横浜市内の陽性患者の発生状況データより)

横浜市内での感染者数は、3月中は累計30人にとどまっていたものの、4月に入り急増

先週4月11日(土)の36人をはじめ、4月8日(水)と10日(金)、12日(日)には18人ずつ、そしてきのう16日(木)の23人とまとまった数の感染者が確認されています。

感染者の年代では50代の41人がもっとも多く、40代の36人、60代の33人、30代の31人、20代の27人、70代の25人と続きます。

感染者の年代別では50代がもっとも多く、40代、60代、30代、20代、70代の順(4月16日時点)(同)

218人の感染者のうち、約68%となる148人は「軽症」とされ、「無症状」も4人いましたが、「重症」は10人おり、死亡者も5人にのぼっています。現時点での退院者は22人

このうち同一のグループホーム内で介護職や入所者などの集団感染や、同じ職場内で働く20代と30代の複数の女性保育士が感染していたケースも見られました。

なお、現時点で行政区別の数値は1週間に1回の発表する予定とのことです。

【お知らせ】今回、横浜市は感染者の発生状況について4月16日(木)公表分を同日中に公式ホームページ上へ掲載するとともに、一覧表や各種データの更新もほぼ同時に行いました。これまで公表が遅れていたり、行政区別の感染者数が公表されなかったりしたことに対しては、港北区などから選出された市会議員が市側に公表と改善の申し入れを複数行っており、横浜市会の代表者である横山正人議長も再三申し入れを行ったことを自身のTwitter上で明かしています。

【関連記事】

港北区の感染者急増、鶴見区や青葉区含め北部エリアは1週間で2ケタ増(4/17公表)(新横浜新聞~しんよこ新聞、2020年4月17日)※リンク追記

新型コロナ感染数、4/10(金)時点で港北区は11人、行政区別に3日遅れで公開(2020年4月13日)

日吉・綱島・高田の「沿線市区」における感染者の発生数(2020年4月16日、周辺の市区でも増加傾向にある)

【参考リンク】

横浜市内の陽性患者の発生状況データ・相談件数(横浜市、2020年4月16日更新)

横浜市内の新型コロナウイルスに感染した患者の発生状況(一覧表、2020年4月16日更新)


カテゴリ別記事一覧