<Bリーグ>現在2位の「ビーコル」、12月はホーム“国際プール”で重要5試合

横浜日吉新聞

現在順位は2位、今年のビーコルは一味違います。プロバスケットボール「Bリーグ」横浜ビー・コルセアーズ(ビーコル)は、今月(2019年)12月14日(土)を皮切りに、本拠地の横浜国際プール(都筑区、北山田駅徒歩約5分)で5試合を行います。

12月10日(火)現在、横浜ビー・コルセアーズは借金3ながら「中地区」で2位に付けている(Bリーグの順位表ページより)

昨シーズンまで主力だった4選手を入れ替えるなど、一新したチームで臨んだ2019-20年シーズン。ビーコルが所属する「中地区」では、12月10日現在1位の川崎ブレイブサンダースが15勝3敗で首位を独走中ですが、それに続く2位が7勝10敗のビーコルという状況。

借金が3つあるものの、これまでのシーズンは下位に苦しんでいたことを考えれば、大健闘といえそうです。

ビーコルは、きょう12月11日(水)に「川崎市とどろきアリーナ」(中原区等々力)で首位・川崎との一戦を終えると、14日(土)と15日(日)に本拠地の国際プールで前年日本一アルバルク東京と2連戦。さらに翌週末は敵地で昨年準優勝の千葉ジェッツ2連戦と、Bリーグの上位チームと5試合が組まれています。

12月14日(土)と15日(日)は本拠地の国際プールで昨年日本一の強敵・アルバルク東京と戦う。右側に写るのは、キャプテンとしてチームを引っ張る田渡凌(たわたりりょう)選手(ビーコルの試合情報ページより)

ここを乗り切れば、ホームの国際プールで中地区下位三遠ネオフェニックス戦(12月25日)とシーホース三河戦(12月28日・29日)が続くだけに、上位チームから1つでも多く勝ち星を奪えるか否かが、今シーズンを占う鍵となりそうです。

なお、12月14日(土)と15日(日)のアルバルク東京戦では、日吉駅や北山田駅などの横浜市営地下鉄グリーンライン主要駅の事務室「大感謝観戦チケット」(2階アッパーデッキ自由席)と題した割引チケットを14日(土)まで販売中です。

北山田「横浜国際プール」でのビーコル試合日程

<2019年>

  • 12月14日()15:05~アルバルク東京(東)(詳細
  • 12月15日()14:05~アルバルク東京(東)(詳細
  • 12月25日(水)19:05~三遠ネオフェニックス(詳細
  • 12月28日()15:05~シーホース三河(詳細
  • 12月29日()14:05~シーホース三河(詳細

<2020年>

  • 2月1日()15:05~大阪エヴェッサ(西)
  • 2月2日()14:05~大阪エヴェッサ(西)
  • 2月12日(水)19:05~秋田ノーザンハピネッツ(東)※台風19号中止分
  • 2月15日()15:05~サンロッカーズ渋谷(東)
  • 2月16日()14:05~サンロッカーズ渋谷(東)
  • 3月7日()15:05~京都ハンナリーズ(西)
  • 3月8日()14:05~京都ハンナリーズ(西)
  • 3月11日(水)19:05~富山グラウジーズ
  • 3月21日()15:05~三遠ネオフェニックス
  • 3月22日()14:05~三遠ネオフェニックス
  • 3月25日(水)19:05~富山グラウジーズ
  • 4月1日(水)19:05~シーホース三河

(※)ビーコルは「中地区」に所属し、他地区である「西地区」や「東地区」チームとの対戦カードには(西)(東)を付した

【関連記事】

“ビーコル”が港北区内で初のファン感謝祭、来シーズンのチーム改革も宣言(2019年5月20日、選手を大幅に入れ替え)

Bリーグ日本一決定戦に過去最大の観客、「横浜アリーナ」累計5000万人も達成(新横浜新聞~しんよこ新聞、2019年5月13日、昨シーズンはアルバルク東京が日本一に)

【参考リンク】

横浜ビー・コルセアーズの公式サイト

12月14日(土)・15日(日)アルバルク東京戦「横浜市営地下鉄に乗って応援に行こう!交通局とのタイアップ企画『大感謝観戦チケット』」について(横浜ビー・コルセアーズ)

Bリーグ(B1リーグ)地区別の順位表(Bリーグ)


グーグル配信による広告と関連記事の紹介

カテゴリ別記事一覧