日吉駅や綱島駅の「券売機」で現金引き出し、横浜銀行とゆうちょ銀に対応

横浜日吉新聞

日吉駅や綱島駅など東急線85駅に設置されている券売機で、今週(2019年5月)8日(水)から横浜銀行ゆうちょ銀行の口座からスマートフォン(スマホ)を使って現金を引き出すことができるサービスが始まります。

スマホ決済サービス「はまPay」と「ゆうちょPay」を使った券売機からの現金引き出しイメージ(東急電鉄など4社のニュースリリースより)

これは、横浜銀行のスマホ決済サービス「はまPay(ペイ)」と、ゆうちょ銀行による同様の「ゆうちょPay」を使って、現金の引き出しを行う「キャッシュアウト」と呼ばれる仕組み。

スマホ上で、あらかじめ1万円、2万円、3万円の3パターンから引き出し金額を指定し、表示されたQRコードを券売機の読み取り機にかざすと、券売機から現金を引き出すことが可能となります。

引き出し可能時間は5時30分から23時まで。1回あたりの手数料は横浜銀行が平日108円、土日祝日は216円、ゆうちょ銀行は終日108円(2020年1月4日以降は土日祝日・18時以降は216円に引き上げ予定)。なお、両行とも来月(6月)30日まではキャンペーンとして手数料を無料としています。

「はまPay」や「ゆうちょPay」は、両行の預貯金口座を開設している人が買物時などに専用スマホアプリを使って決済用のQRコードを表示し、これを読み取ることで、口座から指定の金額が引き落とされる形の決済サービス。「デビットカード」のスマホ版といえる仕組みで、「あなたのスマホがおサイフがわりになる」(ゆうちょ銀)と説明しています。

【参考リンク】

日本初!スマートフォンを活用した駅における銀行預貯金引き出しサービス 5月8日(水)から、東急線各駅の券売機でキャッシュアウト・サービスを開始(2019年4月24日、GMOペイメントゲートウェイ株式会社など4社発表)

横浜銀行のスマホ決済サービス「はまPay」

ゆうちょ銀行のスマホ決済サービス「ゆうちょPay」


グーグルからの配信による広告

カテゴリ別記事一覧