<アピタテラス>客の要望うけ「食品売場」などで21時30分まで営業を延長

横浜日吉新聞

今週(2019年5月)11日(土)から「アピタテラス横浜綱島」(綱島東4、朝9時~夜21時営業)では、1階の食料品売場「アピタフードマーケット」など一部店舗の営業時間を30分延長し、21時30分までとすることを決めました。

5月11日(土)から食品売場などの営業時間を21時30分まで延長するアピタテラス横浜綱島

今回の営業時間延長は、「2018年3月末のオープン当初から営業時間を延ばしてほしいというお客様のご要望が多かった」(同店)ことが背景にあり、特に金曜日や土曜日は閉店時間である21時を過ぎても店内に客が多く残っていることも目立っていたといいます。

そのため、運営会社のユニー直営である「アピタフードマーケット」の営業時間を伸ばすとともに、これにあわせ、1階フロアのテナントであるドラッグストア「マツモトキヨシ」と、同フロアの飲食店「まるとよ食堂」(21時ラストオーダー)も同様に21時30分の閉店とする予定です。

なお、3店以外のテナントは、これまで通り9時から21時までの営業で変わりません。

【関連記事】

アピタテラス綱島が3月末で1周年、「日吉店の時代よりはるかに多い来客」(2019年3月27日)

<アピタテラスのグルメ事情>フードコートとカフェ2店、注目は1階の新業態と中華食堂(2018年4月2日、まるとよ食堂についても)

【参考リンク】

アピタテラス横浜綱島


グーグルからの配信による広告

カテゴリ別記事一覧