日吉で「謎解き」探偵まち歩き、綱島も初散策の恒例ウォークラリーは2/24(日)

横浜日吉新聞

日吉の街で「探偵まち歩き」にチャレンジしませんか。今月(2019年)2月24日(日)9時より(8時50分集合、13時頃終了予定・雨天決行)、日吉の街や歴史にリアルに触れることができる毎年恒例となった地域ウォーキングイベント「トレジャーウォークラリーin日吉」が、今年は日吉南小学校(日吉本町4)を起点(集合場所)として開催されます。

今年で6回目の開催を迎える「トレジャーウォークラリー」は、日吉の街や歴史などについても学んでもらいたいという想いから企画されたという(主催者提供)※同イベントの申込書はこちら(PDFファイル)

今年で6回目の開催を迎える「トレジャーウォークラリー」は、日吉の街や歴史などについても学んでもらいたいという想いから企画されたという(主催者提供)※同イベントの申込書はこちら(PDFファイル)

小・中学生を対象としたこのイベントの開催は今年で6回目。神奈川県と横浜市から委嘱され、青少年の育成保護と健全な育成を図るための活動を行う日吉地区青少年指導員連絡協議会(鈴木由美子会長)が主催するこのイベントの参加者数は最大で約150人にも達するなど、毎年、リピーターの参加や口コミなどもあり増加傾向だといいます。

特に子どもたちを魅了しているのが「宝探し」や「謎解き」のドキドキ感。「毎年、歩く場所も変えているんですよ」と、同イベントの発足時から企画担当として運営に携わる同会副会長の小泉義行さん

今回は、これまでの開催ではなかった綱島エリアも初散策するとのことで、「今回は、綱島の青少年指導員の皆さんも応援参加してくれる予定です。“名探偵シャーロックkimiの探訪”がテーマなのですが、今年は新ストーリーで、様々な問題と挑戦にトライする“超大作”。シャーロックkimiとともに、ぜひ日吉・綱島のまち歩きを楽しんでもらえたら」と、小泉さんは、より新しい趣向を凝らしたという同イベントへの多くの参加を呼び掛けています。

キミも、シャーロックkimiに会える?!(2018年開催の発着地点となった日吉本町5丁目の鯛ヶ崎公園で)

キミも、シャーロックkimiに会える?!(2018年開催の発着地点となった日吉本町5丁目の鯛ヶ崎公園で)

参加条件は、日吉地区に居住している小・中学生の3~5名程度からなるグループ。小学校低・中学年(1~4年生)は、危険防止のため保護者の同伴(随行)が必要。参加推奨は中・高学年(3~6年生)で、「山坂を伴うルートを冒険」することから、防寒に配慮した動きやすい格好、運動靴での参加必須。ベビーカーや乳幼児、高齢の方は安全のため参加を控えてくださいとのこと。

イベントへの参加費は無料で、事前の申し込みが必要。申込書を2月5日(火)までに配布元の学校、日吉地区の各子ども会、自治会・町内会などの関連団体に提出くださいとのことです。

【関連記事】

<綱島台>文化財の飯田家住宅、22年ぶりに屋根の茅ふき替えで子どもたちも歓声(2019年2月25日)※リンク追記:当日の様子。綱島の文化財「飯田家」訪問のサプライズも

【参考リンク】

青少年指導員について(港北区のサイト)


グーグル配信による広告と関連記事の紹介

カテゴリ別記事一覧