<週間ランキング>綱島発のトンネル工事や日吉で始まった「ウーバーイーツ」

横浜日吉新聞
ランキング

この一週間に読まれた記事のベスト10を紹介する「週間ランキング」。先月(2018年5月)25日(金)から31日(木)までの7日間で計16万558ページが表示されたなかで、もっとも読まれた記事は、5月28日(月)に公開した「<トンネル工事で説明会>新綱島駅の建設は『正念場』、掘進は1日最大14メートル」の記事でした。

読まれた記事のベスト10は以下の通りです。カッコ内は表示回数(ページビュー=PV)と記事公開日。

  1. <トンネル工事で説明会>新綱島駅の建設は「正念場」、掘進は1日最大14メートル(5月28日、9,029)
    → 大曽根小学校で行われた「新横浜トンネル」(新横浜駅~新綱島駅間=約3.3キロ)の工事に関する説明会に関する記事です。掘削は12月から始まります。なお、日吉駅方面への「綱島トンネル」(新綱島駅~箕輪町間=約1.1キロ)は来年3月ごろからの掘り進められる予定です
  2. 日吉でも静かに始まっていた、世界的な飲食配達サービス「ウーバーイーツ」(5月25日、8,147)
    → 中原区や幸区など川崎市内への進出の“ついで”として、日吉2~5丁目と日吉駅に近い日吉1丁目や日吉本町1丁目の一部などが配達エリアに入った日吉。初日、実際に注文してレポートしています
  3. 東横線利用者は便利になる渋谷駅大工事、銀座線や埼京線がホーム移動で運休も(4月13日、3,029)
    → 久しぶりのランキング登場。5月26日(土)・27日(日)にJR埼京線・湘南新宿ラインの新宿駅と大崎駅の間が運休となり、きょう6月2日(土)と明日3日(日)も同様に運休となるため、再び注目を浴びているようです
  4. 南日吉の夜店は6/2(土)から、仕掛け人の小嶋さんが抱く街づくりへの想い(5月31日、3,015)
    → 大人には南日吉商店街の会長など公職者として、子どもにはスポーツを教えてくれる“近所のおじさん”として、南日吉に住んでいると一度は目にすることがある「ふとん屋の小嶋さん」。きょう6月2日(土)から始まる恒例の「夜店」を前にこれまでの生い立ちなどを尋ねました
  5. ゼロから立ち上げたカルチャー日吉、女性創業者が語る”生涯学べる場”への想い(5月25日、2,713)
    → 多くの地域カルチャーセンターは全国系企業による“チェーン店”として運営されているケースが多いのですが、普通部通り近くの「カルチャー日吉」は、たった一人の女性が1996年に立ち上げ、現在では約260講座・月間受講者は約1300人にのぼる規模にまで育てています。近年は親子2代にわたって受講する人も目立っているといい、文化や芸術を愛する層が多い日吉の街ならではのカルチャースクールといえそうです
  6. <相鉄・東急直通の鉄道新線>日吉・綱島住民なら知っておきたい3つの焦点と展望(2016年5月15日、2,026)
    → 3年前の記事ですが、6週連続でランキング登場となりました。新しく書き直さねば、と思うのですがなかなかできていません
  7. 綱島東口の駅前「高層複合ビル」は330戸を想定、新綱島側より大規模な計画に(5月22日、1,929)
    → 2週連続でランキング登場となりました
  8. <高田小と高田東小>来春から19時まで居場所を提供する「放課後キッズクラブ」化(5月29日、1,747)
    → 現在は18時までの開設となっている放課後の居場所が、来年春からは19時まで開ける「放課後キッズクラブ」に変わります。低学年の子を育てながら働いている親にとってはありがたい存在です
  9. アピタテラスに約40名収容の「会議室」、地域向け貢献施設として1階に開設(5月28日、1,680)
    → 営利を目的とした会合では使えませんが、3時間で1200円という価格は公的施設並みの設定としています
  10. 今週末6/2(土)は綱島公園で「移動動物園」、地元保育所が20年続ける人気企画(5月31日、1,648)
    → 老舗の認可保育所「尚花(しょうか)愛児園」が続けている地域交流イベント。毎年人気が高まっています

※新横浜エリアの週間ランキングはこちら


グーグルからの配信による広告

カテゴリ別記事一覧