<住みたい街ランキング>日吉が80位に上昇、綱島は下落も項目別で快挙

横浜日吉新聞

2021年の「住みたい街(駅)ランキング(関東編)」で、日吉は前年より7つ順位を上げて80位綱島は大きく順位を下げて160位となったものの、住みたい理由別のランキングで関東圏(1都4県)の4位に入る快挙を見せています。

総合ランキングでは日吉が80位まで順位を上げた(リクルート住まいカンパニーの発表資料に赤い下線を付した)

株式会社リクルート住まいカンパニー(東京都港区)が発表した2021年の同ランキングは、東京や神奈川、埼玉、千葉、茨城の1都4県に居住する20歳から49歳の男女7000人(うち神奈川県1635人)を対象とし、「最も住んでみたい街(駅)」(3点)と「2番目に住んでみたい街(駅)」(2点)、「3番目に住んでみたい街(駅)」(1点)をそれぞれ答えてもらい、各駅の合計得点を算出したもの。

前年87位だった日吉は今回、得点を8点加算して80位まで順位を上げました。2019年に記録した65位には及ばなかったものの、六本木(81位)や茅ヶ崎(82位)より上位になっています。

前年は129位だった綱島は、得点が10点減って順位は160位にまで下落することになりました。

「住みたい理由別街ランキング」の「徒歩や自転車での移動が快適」のランキングで綱島が4位に入った(同)

一方、新型コロナウイルス禍を経て、今回新たに設けられた10項目の「住みたい理由別ランキング」では、「徒歩や自転車での移動が快適」のランキング綱島が関東圏の4位に入るという快挙を見せています。

同じランキングでは元住吉がトップとなっており、同駅は「利用しやすい商店街がある」でも1位、「歩ける範囲で日常のものはひととおり揃う」の項目も2位に食い込むなど、関東圏で「今後特に注目の街」として編集部が特集を組んでいました。

なお、港北区内では、新横浜が過去最高の65位となったほか、菊名が170位に登場しています。

【関連記事】

<住みたい街ランキング2020>日吉は順位下げるも40代支持、綱島は順位上昇(2020年3月5日、前年の結果)

【参考リンク】

SUUMO住みたい街ランキング2021 関東版


カテゴリ別記事一覧