<グリーンライン各駅発>1枚の定期券で「JR目黒駅」経由にも対応へ | 横浜日吉新聞

横浜日吉新聞

高田駅や日吉本町駅などグリーンライン各駅から東急目黒線を経由し、目黒駅でJR山手線に乗り換える際、1枚の定期券で発行できるようになります。

JR目黒駅の改札口は東急線改札口の目の前にある

横浜市交通局は、1枚の定期券で発行できる「連絡定期券」の接続駅に今後、JR目黒駅を加える方針を決めました。

連絡定期券は市営地下鉄や東急電鉄、JR東日本、東京メトロなど異なる会社間の運賃を合算し、1枚の定期券として発行するもので、「市営+東急」や「市営+東急+JR」といった2社や3社間で対応しています。

地下鉄グリーンライン各駅から日吉駅を経由する場合、現時点で以下のような形で3社間の連絡定期券の販売を可能としています。

  • 高田・日吉本町ほか(グリーンライン)~日吉(東急東横線)~渋谷(JR山手線)~JR線各駅
  • 高田・日吉本町ほか(グリーンライン)~日吉(東急東横・目黒線)~武蔵小杉(JR各線)~JR線各駅
  • 高田・日吉本町ほか(グリーンライン)~日吉(東急目黒線)~大岡山(東急大井町線)~大井町(JR京浜東北線)~JR線各駅
  • 高田・日吉本町ほか(グリーンライン)~日吉(東急目黒線)~目黒(東京メトロ・都営地下鉄)~東京メトロ・都営線各駅
  • 高田・日吉本町ほか(グリーンライン)~日吉(東急目黒線)~渋谷または中目黒(東京メトロ)~東京メトロ線各駅
  • 高田・日吉本町ほか(グリーンライン)~日吉(東急東横線)~横浜(JR各線)~JR各駅
  • 高田・日吉本町ほか(グリーンライン)~日吉(東急東横線)~横浜(みなとみらい線)~みなとみらい線各駅

(※)着駅によっては、発行できない場合もある

グリーンライン各駅から日吉駅で東急線に乗り換え、ターミナル駅から先の区間も1枚の定期券で済むケースが多い

グリーンラインの高田駅や日吉本町駅から日吉駅で東急線に乗り換え、さらにターミナル駅で別の鉄道会社へ乗り継ぐ場合でもほぼ1枚の定期券で済むものの、目黒駅でJR線に乗り換えるケースは未対応となっており、現在はそれぞれ別に定期券を持つ必要があります。

横浜市交通局によると、日吉駅が目黒線の始発駅であることから、JR線へ乗り換える場合は、渋谷駅ではなく目黒駅を利用する乗客も増えており、1枚の定期券で発行を希望するニーズが強かったといいます。

そのため、現在JR東日本などと調整を行っているとのことで、2020年中にはJR目黒駅経由の連絡定期券に対応する予定です。

【関連記事】

<微妙な値上げ>綱島~渋谷間が260円、高田~日吉の1カ月定期は8100円超(2019年9月9日)

【参考リンク】

横浜市地下鉄「3社連絡地下鉄定期券」について


グーグル配信による広告と関連記事の紹介

カテゴリ別記事一覧