<慶應野球部>2年ぶりの優勝目指す、4月の神宮を前に下田でオープン戦14試合

横浜日吉新聞
下田町の日吉グラウンドで野球部のメンバーら

下田町の日吉グラウンドで慶應野球部のメンバーら(同部提供)

まもなく日吉の球春が始まります。慶應義塾大学野球部は同部の日吉グラウンド(下田町1)で2016年3月6日(日)から4月2日(土)まで約1カ月間にわたりオープン戦14試合を開きます。東京六大学リーグ以外の大学や社会人チームも含めた興味深い対戦が予定されており、リーグ戦とは違った慶應野球部の戦いが見られそうです。

下田町の慶應野球部日吉グラウンドで行われるオープン戦は次の通りです。

<2016年オープン戦日程、日吉開催のみ掲載>

(★印は社会人チームとの対戦)

3月6日(日):(B軍)清和大戦13:00~

3月7日(月):(B軍)ゴールドジム戦13:00~★

3月8日(火):(B軍)玉川大戦13:00~

3月12日(土):(B軍)静岡大戦10:30~

2015年秋季リーグでは4勝(1敗)をあげ、防御率1.19で投手ランキングでリーグトップとなった加藤拓也投手(総合政策4年、慶應義塾高出身)

2015年秋季リーグでは4勝(1敗)をあげ、防御率1.19でリーグの投手ランキングトップとなった加藤拓也投手(法学部4年、慶應義塾高出身)(同部提供)

3月13日(日):立正大戦12:30~

3月16日(水):三菱日立パワーシステムズ横浜(旧「三菱重工横浜」戦12:30~★

3月17日(木):日本製紙石巻戦12:30~★

3月20日(日):東京国際大戦12:30~

3月21日(月):國學院大戦12:30~

3月22日(火):中部学院大戦9:30~/12:30~

3月29日(火):JX-ENEOS戦12:30~★

3月30日(水):亜細亜大戦12:30~

p160212p00000002

今年からチームを引っ張る重田清一主将(環境情報学部4年、佐賀西高出身)(同部提供)

4月1日(金):関東学院大戦12:30~

4月2日(土):中央大戦12:30~

主力のA軍は2月23日から3月11日までアメリカ・フロリダ州へ遠征を行うため、3月13日(日)の立正大戦からの登場となります。

日吉で行われる14試合のなかで注目は3月29日(火)。かつて大久保秀昭監督(2015年から慶應監督)が率い、都市対抗で3度の優勝に導いた強豪・JX-ENEOS戦が予定されています。

2015年は春季・秋季とも3位に終わった慶應。2014年春季以来の優勝へ向け、4月の春季リーグ戦を前に日吉でのオープン戦は調整具合を見極めるうえで重要となりそうです。

日吉でのオープン戦は入場無料。駐車場はありません。バスでアクセスする場合は「日22系統 サンヴァリエ日吉行または日21系統高田町行に乗り、「下田仲町」下車すぐ。バックネット裏にベンチが設置されています。

【参考リンク】

慶應義塾体育会野球部ホームページ

慶應の2016年オープン戦日程

東京六大学野球連盟ホームページ

東京六大学各チームのオープン戦情報


グーグル配信による広告と関連記事の紹介

カテゴリ別記事一覧