<コーエー>日吉・綱島でも盛り上がる「三國志シリーズ」の最新作は1/28(木)に

横浜日吉新聞
横浜市営地下鉄で貼られた「三國志」諸葛亮(しょかつりょう)のポスタ―。横浜市営地下鉄の全40駅で7人の武将たちがマナー啓発を呼び掛けている

横浜市営地下鉄・日吉駅に貼られた「三國志」諸葛亮(しょかつりょう)のポスタ―。横浜市営地下鉄の全40駅で7人の武将たちがマナー啓発を呼び掛けている

歴史シミュレーションゲーム「三國志シリーズ」の最新作となる「三國志13」が2016年1月28日(木)にコーエーテクモゲームス(箕輪町1)から発売されます。「Windows版(パソコン版)」「PlayStation(プレイステーション)3」版に加え、シリーズでは初となる「PlayStation 4版」「Xbox One(エックスボックスワン)」(マイクロソフト)も販売されることになりました。

コーエーテクモでは、三國志に登場するキャラクター活用した横浜市営地下鉄のマナー啓発ポスターをはじめ、港北警察署とも共同で防犯ポスターを制作。グリーンライン日吉駅や日吉・綱島の町内会掲示板でも貼られていることもあり、新作ゲームの発売を前に地元でもさらに盛り上がりそうです。

ゲーム「三國志シリーズ」は、1985(昭和60)年に第1作目を発売して以来、これまでに700万本以上を売り上げた有名ゲーム。2012年以来の新作となる「三國志13」はシリーズ発売30年の記念作となり、戦場で発生するシーンや壮大な風景を大スケールの3Dグラフィックで表現しているのが特徴です。販売価格は下記の通りです。

日吉・綱島エリアの他、港北区全エリアで、港北警察署とタイアップの上作成された防犯ポスターが展開されている。左から周瑜(しゅうゆ)、諸葛亮、劉備(りゅうび)。3人の武将たちが、港北区の治安を見守っている

日吉・綱島エリアのほか、港北区全エリアで、港北警察署とタイアップのうえ作成された防犯ポスターが展開されている。左から周瑜(しゅうゆ)、諸葛亮、劉備(りゅうび)。3人の武将たちが、港北区の治安を見守っている

<パッケージ版>
Windows版(パソコン版):税別9,800円
PlayStation版/Xbox One版:税別8,800円

<ダウンロード版>
Windows版(パソコン版):税別8,477円
PlayStation版:税別7,619円
Xbox One版:税別7,680円

【関連記事】
コーエー「三國志」が30周年、地下鉄ラリーやファン垂涎のポスターも展開(2015年12月8日)

【参考リンク】
「三國志13」公式サイト(コーエーテクモゲームス)

「三國志13」 30周年記念特設サイト(コーエーテクモゲームス)

横浜市交通局/神奈川県港北警察署タイアップ情報(三国志13特設サイト)

株式会社コーエーテクモホールディングスホームページ


関連スポンサー広告(グーグルから配信)