大ホールで落語を楽しむ!慶應落語研究会が2/27(土)に4年生最後の「名人会」

横浜日吉新聞
卒業を控えた4年生4人が落語「口演」や「コント」に挑む。大きなスクリーンでの演者紹介もあり、飽きずに落語を楽しめる

卒業を控えた4年生4人が落語「口演」や「コント」に挑む。大きなスクリーンでの演者紹介もあり、飽きずに落語を楽しめる

約500名も入る大ホールで、落語の名人会を楽しめます。慶應義塾大学公認団体の慶應義塾大学落語研究会(慶應落研)は、2016年2月27日(土)13時より、日吉駅すぐの藤原洋記念ホールにて「慶應名人会」を開催します。

慶應落研は、創設から50年を越える歴史を持ち、慶應義塾の文化祭である三田祭、矢上祭や、地域の福祉施設、学校、お祭りなどで落語「口演」を披露しています。また、夏休み、春休みには日本全国への訪問旅行も敢行。約30数名の部員の内、今回は、大学卒業を控えた、6人の4年生が、卒業前の集大成としての最後の「名人会」に挑みます

今回の名人会は、落語の会場としては大きめの「藤原ホール」で実施。一人ひとりの演者が 舞台に上がり、落語を披露した後、コント、演者紹介の映像、そしてまた別の演者の落語、という流れを繰り返します。

4年間、厳しい「ルール」でチームワーク良く頑張ってきた小たつ、夜遊(ばんゆう)、道楽、とん治、風子、桃介(写真最右・村上さん)の6名が最後の高座に上がる。「お笑いが好き。伝統芸能にもトライしたかった。お笑いに満ちた4年間でした」と、7代目の"桃介"の名前を8代目の後輩に無事受け継いだ村上さん

4年間、厳しい「ルール」でチームワーク良く頑張ってきた小たつ、夜遊(ばんゆう)、道楽、とん治、風子、桃介(写真最右・村上さん)の6名が最後の高座に上がる。「お笑いが好き。伝統芸能にもトライしたかった。お笑いに満ちた4年間でした」と、7代目の”桃介”の名前を8代目の後輩に無事受け継いだ村上さん

演者紹介の映像を、大きなスクリーンで流すんです。コントも、慶應雄落研では、漫才、大喜利と共に、夏合宿のテーマとして採り上げるなど、その腕を4年間磨いてきました。広い会場でも、飽きさせないよう、工夫しています」と、副代表として慶應落研を支えてきた村上佳央(かなか)さんは語ります。

とても音が良いマイクを使っているので、声の通りも問題はありません。広いホールなので、出費はかさんでしまうのですが、一人でも多くの日吉周辺の皆さんに”無料で”ご覧いただけるようにと、藤原ホールを借りました」と村上さん。

時間も、13時から17時くらいまでと、たっぷり落語を楽しめるとの事で、「お好きな時間帯でぶらり来ていただいて、自由に退出いただけます。ぜひ、お気軽に会場を覗いていただき、お楽しみいたただくスタイルです」と、つい「固い」印象を持ってしまいそうな、落語の一席を、より身近に感じる工夫をしています、とのこと。

グーグルからの配信による広告

“慶應落研”50余年の歴史。名前も伝統も、きちんと”継いで”

50年以上、伝統を継いできた慶應落研は、その歴史もあり、会の公式行事には絶対参加すること、毎週行われる練習にも参加すること、全国への訪問旅行にも必ず参加すること、など、「厳しい規則」が代々、伝統として受け継がれいるといいます。

3年に一度三田に集まる同窓会「落楽の会」をはじめ、大きな口演などの機会があると、同じ「桃介」「小たつ」といった名前を代々背負ってきた先輩方に「縦のつながりで、同じ名前の方へ、後輩たちそれぞれが、手紙を書いてお越しいただくようご案内するんです」と、長い慶應落研の歴史の中で、その縦のつながりを大切にしてきた、慶應落研ならではの「伝統」をしっかりと継いできていると、村上さんは語ります。

慶應落研は地域貢献活動も積極的に行っている。東京都大田区の交通安全イベントにも「落語を行うことで」たくさん参加いただけると、大田区より招かれてイベントへの協力を行っていることから、感謝状も贈られた

慶應落研は地域貢献活動も積極的に行っている。東京都大田区の交通安全イベントにも「落語を行うことで」たくさん参加いただけると、大田区より招かれてイベントへの協力を行っていることから、感謝状も贈られた

また、日吉界隈での4年間の想い出について聞くと、恒例となったASA日吉本町(下記関連リンク参照)や、大倉山記念館での寄席(よせ)、木月小学校での”落語授業”や、日吉周辺の福祉関連施設への訪問など、「日吉周辺の地元の皆さんには大変お世話になり、また育てていただきました。日吉の皆さんは、口コミや横のつながりが凄いと感じています。老人ホームで、落語をさせていただくと、それを聞いたという別のところからまたご依頼が来るんです」と、日吉の街の”横のつながり”に驚いたという村上さん。

全国に班を組んで散らばり、必ず1日1口演は行う、という訪問旅行でも、「ご感想や、再度来てもらいたいという手紙をいただくと、本当に落語で皆さんを楽しませることができたのかな、と嬉しくなります。それでも、一年生の頃は、やはりなかなか皆さんを笑わせることができなくて、本当に苦労もしました。今では、こういった経験を重ねて、随分皆さんに笑っていただけるようになったかと思います」と、4年間の活動の成長を実感している様子。

慶應日吉で2月5日から封切の創像工房in front of.の映画作品「今日も、今日とて」(監督・脚本:かつりか)にも、村上さんはじめ、慶應落研のメンバーが、脚本作りから衣装、実際の所作振る舞いの指導、端役での出演など、全面的に協力している

慶應日吉で2月5日から封切の創像工房in front of.の映画作品「今日も、今日とて」(監督・脚本:かつりか)にも、村上さんはじめ、慶應落研のメンバーが、脚本作りから衣装、実際の所作振る舞いの指導、端役での出演など、全面的に協力している

「口演後のアンケートでも、小・中、高校生など、若い方々からも“落語は楽しかった”とのお声を多くいただいています。ぜひ、若い方から、お世話になった日吉の皆さんまで、一人でも多くの皆さんに“4年間の集大成”の高座をお楽しみいたたければ」と、村上さんは多くの来場を呼び掛けています。

慶應義塾大学落語研究会「慶應名人会」は、日吉駅すぐの協生館「藤原洋記念ホール」にて開催。12時半開場、13時よりスタート。入場無料、全席自由。「出たり入ったりも自由です。約500席ものお客様が入る広々としたホールですので、ぜひ、お気軽にお越しください」とのこと。

【参考リンク】
慶應義塾大学落語研究会ホームページ

慶応義塾大学落語研究会公式ブログ

慶應義塾大学日吉キャンパス「協生館」ホームページ(アクセス)

【関連記事】
日吉でオリジナル映画を楽しめる!創像工房の映画祭、2/5(金)から3日間(2016年1月31日)※「今日も、今日とて」(監督・脚本:かつりか)の制作に全面協力

ASA日吉本町が恒例の落語イベント、12/12(土)14時から本町駅「いきいき会館」で(2015年12月11日)


グーグルからの配信による広告

カテゴリ別記事一覧