<グリーンライン>日吉駅のホーム6両化に着手、高田や日吉本町は工事中

横浜日吉新聞

横浜市営地下鉄「グリーンライン」の6両編成化へ向け、今週(2021年)5月11日(火)から日吉駅でもホームの延長工事が始まります。3月に着工した高田駅や日吉本町駅に続くもので、グリーンラインのほぼ全駅で工事に着手することになります。

現在は4両編成で運転されているグリーンライン、日吉駅ではホーム両端で工事が行われる(5月2日)

グリーンラインでは、混雑の緩和を図るため、現在は4両で運転している列車17編成のうち、10編成に2両を増結するもので、来年2022年夏ごろから6両化した編成を順次導入する計画です。

グリーンラインは、経営状況が悪化していた当時の市交通局が建設費を削減するため、まずは4両編成で開業した経緯があり、将来を見越して各駅には6両分のホーム躯体(構造物)自体は設けられています。

高田駅では日吉駅側にこれまで使っていなかったホーム躯体が見える(5月2日)

市交通局によると、今回の6両化工事は、現在まで使っていなかったホーム躯体の仕上げを行うもので、ホームの両端部で実施する駅が多いため、利用者への影響は少ないといいます。

日吉駅では、列車の先頭となる中山駅側に、日吉本町駅では両端に、高田駅日吉駅側にそれぞれ使っていないホーム躯体が隠れており、その部分を延長ホームとして活用することになります。

日吉駅、日吉本町駅、高田駅の工事はホームの端で行われる(市交通局公式サイト内の図面を加工)

グリーンラインの10駅では、昨年12月の北山田駅を皮切りに、今年1月には中山駅やセンター南駅、都筑ふれあいの丘駅で、2月は川和町駅、3月には高田駅や日吉本町駅、東山田駅でそれぞれホームの延長工事に着手。日吉駅の着工により10駅中9駅で工事が始まったことになります。残るセンター北駅では、調査後に着工するとのこと。

工事期間は、いずれも年度内となる来年(2022年)2月から3月ごろまでを予定しています。

【関連記事】

グリーンラインの混雑緩和へ「6両編成化」、9月からホーム工事に着手(2020年6月29日)

【参考リンク】

グリーンラインの6両編成化の概要(横浜市交通局)


カテゴリ別記事一覧