<東急電鉄>新横浜線の新駅は「新綱島」に決定、"綱島温泉"は2番目の多さ | 横浜日吉新聞

横浜日吉新聞

新駅名はこれまでの仮称と同じ「新綱島駅」となることが正式に決まりました。東急電鉄はきょう(2020年)12月21日(月)午後、綱島東1丁目の綱島街道沿いの地下に設ける東急新横浜線(日吉~新横浜)の地下新駅について、駅名公募の結果、最多の数を集めた新綱島に決めたことを発表しました。

新綱島駅のコンセプトは「綱島の街の移り変わりを感じる駅」で、改札口1カ所とエレベーター2基、エスカレーター13基などが設置されるという(鉄道・運輸機構によるイメージパース、東急電鉄のニュースリリースより)

同駅の駅名については、今年8月10日から9月6日までの間に港北区民を対象とした駅名案の公募を行っており、期間中に1898人から応募がありました。

関係者によると、はがきでの応募は70枚にとどまり、ほとんどがインターネットによるもの。年代では40歳代と50歳代が多かったといい、全応募者のなかで最多となる381人から支持を集めたのが「新綱島」だったとのことです。

東急電鉄は「多くのお客さまから支持され、新しい駅の新規性を分かりやすく表現するこの駅名を選定しました」といい、「綱島駅の東側にできる新しい駅・路線の新規性や将来性、新幹線アクセス拠点である新横浜駅との親和性や、綱島地区の新たな玄関口として、街全体のさらなる発展への期待を込めました」(同)として、新駅名として採用することを決めたものです。

地下に置かれる新綱島駅の真上では、「新綱島駅前地区市街地再開発組合」による29階建て再開発ビルの建設などが進むほか、「綱島トンネル」の掘削も続いている(10月14日)

今年8月の駅名案公募に際しては、(1)新綱島(2)東綱島(3)「綱島駅」以外の駅名案を自由記入――の3択となっていました。

関係者によると、選択肢に上がっていた「東綱島」よりも多くの票数を集めた駅名案が「綱島温泉」で、新綱島に次ぐ247人に達し、「東綱島」は3番目の176人にとどまりました。

地元では「綱島の歴史が感じられる駅名が良い」という声が目立っていたといい、駅名案に「綱島温泉」と記載したのは、10歳代から50歳代まで、綱島温泉の全盛期をあまり知らない年代が多かったとのこと。

このほか、自由記入された駅名案で一定の数を集めたのが、

  • 綱島東
  • 大綱橋
  • 綱島街道
  • 綱島リバーサイド
  • 鶴見川
  • 港北綱島
  • 綱島桃園

だったといいます。

駅の真上では市街地再開発組合による29階建て再開発ビルの建設が進んでおり、2023年秋以降の完成を予定(同再開発組合のパンフレットより)

正式駅名が新綱島に決まったことについて、綱島住民の間からは「保守的かつ無難な駅名で面白くない」「もう少し綱島の歴史を感じさせる駅名がよかった」という声が上がっていた一方、「新綱島は仮称として長年親しまれてきたのだから順当な結果」「これから新しいまちづくりを行う上では最適な駅名ではないか」と受け止める声が聞かれました。

なお、駅名について東急電鉄は、「整備主体の独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構と営業主体の当社および相模鉄道株式会社が同法に基づき神奈川県および横浜市に協議を行い、同意を得たうえで国の認定を受けて正式に決定します」としています。

東急新横浜線は「相鉄・東急直通線」(日吉~新横浜~羽沢横浜国大~西谷、約10キロ)のうち東急電鉄が運行を担当する日吉駅から新横浜駅までの区間に付けられた路線名で、日吉駅近くのトンネル出入口部分を除いては地下構造の鉄道として、2022年度下期(2022年10月~2023年3月)の開業を予定。

「相鉄・東急直通線」(相鉄新横浜線/東急新横浜線)の位置図・縦断図・断面図。西谷駅から羽沢横浜国大駅までの区間は「相鉄・JR直通線」の一部として2019年11月末に開業済み(鉄道・運輸機構「神奈川東部方面線~計画路線マップ」より)

新綱島駅から大倉山駅の周辺を経由して新横浜駅までを結ぶ「新横浜トンネル」(全長約3304メートル)が先月11月27日に貫通したほか、新綱島駅とトンネル出入口付近の箕輪町を結ぶ「綱島トンネル」(全長約1100メートル)も12月時点で半分以上の掘削を終えています。

また、相鉄(相模鉄道)が運行を担当する新横浜より先の区間「相鉄新横浜線」(新横浜~羽沢横浜国大~西谷)間のうち、未開業となっている新横浜駅から羽沢横浜国大駅間を結ぶ「羽沢トンネル」(全長約3500メートル)についても、今年2月に貫通しています。

)本記事は複数の読者の方からさまざまな情報提供をいただきました。ありがとうございます

【関連記事】

未来につながる駅名を、東急電鉄が“綱島新駅”の名称を港北区民から公募(2020年8月4日、公募時の記事)

<綱島新駅>再開発の“シンボル”、3年後の完成に向け29階建てビルが着工(2020年10月15日、駅の真上で着工)

新綱島駅に建設中の「区民文化センター」、開館は2023年10月以降に(2020年12月18日、駅の真上に設置)

<相鉄・東急直通線>環状2号線下に建設中の新駅名は「新横浜」の見通し(新横浜新聞~しんよこ新聞、2020年8月5日、新綱島の次駅は「新横浜」)

【参考リンク】

東急新横浜線 綱島地区に開業する新駅の名称に「新綱島」駅を選定(東急電鉄、2020年12月21日)


カテゴリ別記事一覧