<神奈川県>港北区選出の嶋村ただし県議が「議長」就任、父・尚美氏に続く

横浜日吉新聞

神奈川県議会は今月(2020年)5月22日に港北区嶋村ただし(公)県議(自民党、当選5回)を第113代の議長に選出しました。新型コロナウイルスへの対応で注目を浴びる神奈川県。黒岩祐治知事とともに緊急事態宣言下で県政を代表する立場に選ばれた新議長の嶋村さんに話を聞きました

神奈川県議会で第113代目の議長に選出された嶋村さん

港北区の選出議員が神奈川県議会の議長に選ばれるのは、嶋村さんの父親で、1976(昭和51)年に第69代議長に就任した嶋村尚美(なおみ)元県議(当選10回、2016年死去)以来のことになります。

議長就任について嶋村さんは、「私はいわゆる“二世議員”として議会に入りましたが、昔から嶋村を知っている方が港北区内にたくさんおられ、支持していただいたからこそ、こうしてやっていける。地元の方には大いに感謝しています。期待に応えられるような活躍を見せることができれば」と話します。

議長室に飾られた歴代議長の写真には第69代の嶋村尚美さんも(右2人目)

樽町の旧家である嶋村家は、嶋村さんの父だけでなく、祖父の嶋村力(つとむ)氏横浜市会15代議長(1951=昭和26年)に選出されるなど10期40年にわたって市会議員をつとめ、叔父にあたる嶋村勝夫(まさお)氏(都筑区、35代議長)も市会で9期36年にわたって活躍しました。

政治家一家に生まれ、結果的に横浜市と神奈川県で三代続けて議長に就任することになった嶋村さんですが、自身は当初から政治家を目指していたわけではなく、会社員経験のほうが長いという経歴を持ちます。

日本大通り駅近くにある神奈川県庁舎

富士見幼稚園(綱島西1)を振り出しに、大曽根小学校(大曽根2)、大綱中学校(大倉山3)、港北高校(大倉山7)と地元で育ち、東海大学理学部を経て、市内にあるNECグループの株式会社ワイイーシーソリューションズ(中区山下町)にプログラマーとして入社

「最初はプログラマーだったはずが、いつの間にか営業をやることになっていました」と、黎明期のIT機器オフィス向けコンピュータ販売の責任者をつとめるなど横浜のビジネス界で奔走し、サラリーマン生活は政治家歴より長い23年間にわたります。

「父も祖父も叔父も若いうちから議員をやっていましたが、私は64歳でまだ半分(5期目)くらいしか政治家を経験していないことになりますね……」。

知事とともに県民を代表する存在に

県議会の議長は知事とともに住民を代表し、県内外でさまざまな役割を担う存在

そんな嶋村さんが「大変名誉ある職」という議長に就任したのは、神奈川県など首都圏に緊急事態宣言が出されていた先週5月22日(金)のこと。

緊急事態宣言下では、外出自粛や店舗・施設休業の要請と解除などは知事が判断することになっており、これまでになく神奈川県の動向に大きな注目が集まりました。

二元代表制」として知事とともに県民を代表する立場の県議会。「議会の考え方や判断は、なかなか県民の皆さんに伝わりづらい状況ですが、今後も105人の議員を通じて地元の声を県や国へ届けていきたい」といい、県議会としても、SNSの積極活用などで情報発信の強化を検討しているといいます。

議長室で執務にあたる嶋村さん、緊急事態宣言が解除されたばかりのため、議長としての対外活動はまだ制約が多い状態だという(5月27日)

一方、神奈川県内では今週5月25日(月)に緊急事態宣言が解除されたとはいえ、学校や公共施設の再開や経済活動の再起はこれからで、「東京2020オリンピック大会」の1年延期をはじめ、県内でのイベントや式典開催など、今も多くの動きが止まっている状態。議長としての対外活動も制約が多いのが現状です。

昨年は地元の日産スタジアム(横浜国際総合競技場)で決勝戦などが行われた「ラグビーワールドカップ2019」の成功へ向け、「県議の会」代表として尽力してきた嶋村さん。「港北区をはじめ県内4カ所が会場となっている東京2020大会は楽しみにしていましたが、こればかりは仕方がないこと」と前を向きます。

議長の任期は慣例で1年間。その間も港北区での町内会や社会福祉協議会などの地域活動は続けていく考えで、「地元の活動と両立できるよう、誠心誠意頑張っていきます」と話していました。

嶋村公(ただし)氏プロフィール:1956(昭和31)年生まれ、64歳。富士見幼稚園(綱島西)・大曽根小学校・大綱中学校・港北高校・東海大学理学部を経て、NECグループの株式会社ワイイーシーソリューションズ(中区山下町)で23年間勤務後、父・尚美氏の地盤を継ぎ、2003(平成15)年4月に神奈川県議初当選。2017(平成29)年度に「自民党神奈川県議団」団長就任、5期目の2020年5月に第113代議長に選出。「樽町第二親和会」会長、「樽地区社会福祉協議会」会長など港北区内で多数の地域活動中

【関連記事】

<県議選港北区>自民・嶋村氏がトップ、立民新人・菅原氏が2位、自・共の現職も当選(2019年4月8日、昨年の選挙に関する記事)

ラグビーをブームで終わらせない、慶應生が小学生に楽しさ伝える出張授業(2019年11月6日、嶋村氏が会長をつとめる港北区体育協会などが主催)

<樽町で初講演>綱島温泉碑、制作者は「綱島の左官」と「大豆戸町の石材店」(2019年3月11日、嶋村家の先祖が温泉旅館や乗合馬車を営んでいたことについても)

【参考リンク】

神奈川県議会議長・副議長のごあいさつ

神奈川県議会の公式サイト


カテゴリ別記事一覧