<東京メトロ・都営>いったん改札を出た後の乗り換え時間を「60分」に拡大

横浜日吉新聞
中目黒駅

都心での地下鉄乗り換え時に買物などに立ち寄れる機会が増えそうです。東京メトロと都営地下鉄(東京都交通局)は、来月(2020年)6月6日(土)から、いったん改札口を出て乗り換えする場合の制限時間を30分から60分に拡大すると発表しました。

改札口をいったん出て乗り換えても通し運賃で計算される東京メトロの駅一覧(東京メトロのニュースリリースより)

東京メトロと都営地下鉄には、一旦改札口を出ても、通し運賃で他路線へ乗り換えられる駅が複数あります。

たとえば、東京メトロでは「渋谷駅」の副都心線と銀座線をはじめ、「新宿三丁目駅」の副都心線と丸ノ内線(改札内乗り換えも可能)、日比谷線「日比谷駅」と千代田線・有楽町線「有楽町駅」など多数あり、都営地下鉄は浅草線「東日本橋駅」と新宿線「馬喰横山駅」ほか一部にとどまります。

6月6日(土)に開業する日比谷線「虎ノ門ヒルズ駅」は銀座線「虎ノ門駅」と60分以内の乗り換えが可能に(東京メトロのニュースリリースより)

現在は改札口を出てから「30分以内」に乗り換えない場合は、新たな初乗り運賃がかかることになっていますが、6月6日以降はこれを「60分以内」に拡大。新宿三丁目駅や日比谷駅・有楽町駅などでは、東京メトロ路線を乗り換える際に駅近くの商業施設へ立ち寄ることもできそうです。

なお、東京メトロでは同日から日比谷線に新駅「虎ノ門ヒルズ」が開業するため、これに合わせて虎ノ門ヒルズ駅と銀座線「虎ノ門駅」も新たに乗り換え駅として指定。新設された地下道や地上の一般道を通って60分以内に乗り換えれば、通し運賃で計算されます。

6月6日(土)から新たに「銀座駅」と有楽町線「銀座一丁目駅」が乗り換え駅に指定される(東京メトロのニュースリリースより)

加えて、同日から銀座線・丸ノ内線・日比谷線「銀座駅」と有楽町線「銀座一丁目駅」も乗り換え駅に指定するとのことです。

通勤定期を買い替える際の経路選択にも幅が広がりそうです。

【参考リンク】

東京メトロ線でのお乗換えがさらに便利になります(東京メトロ、2020年5月14日)

改札外乗換時間の拡大について(東京都交通局、2020年5月14日)

2020年6月6日(土)日比谷線のダイヤを改正します(東京メトロ、2020年5月11日、虎ノ門ヒルズ駅の開業に伴うダイヤ改正)


カテゴリ別記事一覧