<新型コロナ>横浜市の累計感染者は500人超に、集団感染が止まらず(5/17時点) | 横浜日吉新聞

横浜日吉新聞

5月17日(日)時点の横浜市内における感染者発生状況(市の特設ページより)

横浜市内での新型コロナウイルス感染者数がなかなか減りません。「感染経路不明の感染者の発生は確実に減少」(林文子市長)している一方、クラスターと呼ばれる集団感染の発生が止まっておらず、今月(2020年)5月3日(日)に400人を突破したばかりの累計感染者数は、きのう17日(日)時点で505人となりました。【2020年5月18日0:05記事公開】

となりの川崎市では、感染者の発生が0人となる日も目立つなか、横浜市内では市内にある複数の病院内で医師・看護師などの職員と入院患者への集団感染が相次いでおり、5月の17日間における感染者数は139人。

この数日間、集団感染者の発生が続いたことで、東京都内の感染者数に迫ったり、同数になったりする日も出ています。

馬車道駅直結・桜木町駅近くに建てられた新庁舎への移転が進む関内の横浜市役所と役目を終えた横浜市会議事堂(右)(5月15日)

病院や横浜市がそれぞれ公表したところによると、これまでに旭区聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院で70人以上、泉区の湘南泉病院は10人超の感染者が出ており、緑区では元気会横浜病院や牧野記念病院、鴨居病院と3つの病院で集団感染が発生。地域の医療体制にも影響をおよぼしています。このほか、瀬谷区の横浜甦生(こうせい)会病院や港北区の菊名記念病院でも集団感染が起きました。

神奈川県や東京都など首都圏での「緊急事態宣言」を解除するか否かを今週5月21日(木)に国が決めると言われるなか、横浜市内の感染者数を抑え込むことが求められます。

5月10日~17日の東京都・横浜市・川崎市の感染者数

  • 5月17日():東京都5人/横浜市5人/川崎市0人
  • 5月16日():東京都14人/横浜市8人/川崎市0人
  • 5月15日(金):東京都9人/横浜市8人/川崎市3人
  • 5月14日(木):東京都30人/横浜市19人/川崎市3人
  • 5月13日(水):東京都10人/横浜市8人/川崎市1人
  • 5月12日(火):東京都28人/横浜市5人/川崎市0人
  • 5月11日(月):東京都15人/横浜市6人/川崎市0人
  • 5月10日():東京都22人/横浜市11人/川崎市1人

【関連記事】

横浜市の「新型コロナ」感染者は400人突破、目立つ集団感染(2020年5月3日、今月3日に累計400人を超えたばかりだった)

<新型コロナ感染数>港北区は3人増の38人、集団感染で緑区が急増(新横浜新聞~しんよこ新聞、2020年5月15日、集団感染が起きている旭・瀬谷と緑区で増加が目立つ)

横浜市会で議論、「集団感染が収まれば安定」「医療崩壊の状況にない」(2020年5月13日、集団感染者の抑制は市長も認識)

【参考リンク】

横浜市内の陽性患者の発生状況データ・相談件数(横浜市)


カテゴリ別記事一覧