横浜市の「新型コロナ」感染者は400人突破、目立つ集団感染(5/3記事公開)

横浜日吉新聞

きょう(2020年)5月3日(日)夜の公表分で横浜市における新型コロナウイルスの累計感染者が400人を突破し、401人に達しました。このうち同日までに亡くなった人は20人にのぼっています。累計退院数は61人。【2020年5月3日20:37記事公開、5月4日17:09一部情報追加、()5月8日の「行政区別」感染者数記事はこちらをご覧ください

横浜市でも市民向けに林文子市長が動画で外出自粛を求めるメッセージを発信している(YouTubeより)

市の公表によると、3月の公表分までに横浜市内での感染者数は29人にとどまっていたものの4月に急増し、330人超が感染。5月に入っても新たな感染者数は一定数公表されており、1日(金)に7人、きのう2日(土)は16人、きょう3日(日)も12人となっています。

このところは主に「クラスター」と呼ばれる集団感染が医療機関をきっかけに起きているケースが公表されており、4月13日(月)発症の70代男性を皮切りとした30人超や、4月23日(土)発症の40代女性以後の17人といった発症者分が目立ちます。これらのほか、港北区内の医療機関でも医師ら勤務者10人以上が感染したことも公表されています。

最新となる5月1日(金)時点での行政区別に見た感染者数は、職員や入院患者らの集団感染を公表している「聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院」が位置する旭区(人口24.5万)で38人、青葉区は35人(人口31.1万人)、港北区は34人(人口35.5万)の3番目鶴見区は29人(人口29.4万)、看護師や入院患者らの集団感染を公表している「横浜甦生(こうせい)病院」が位置する瀬谷区で28人(人口12.2万)となり、都内へ通勤・通学者の多い北部の3区と、集団感染が発生している南部の2区という、「郊外部」と呼ばれる行政区が市内の“ワースト5”を占める形となっています。

【関連記事】

<新型コロナ>横浜市の累計感染者は500人超に、集団感染が止まらず(5/17時点)(2020年5月18日)※その後の状況(リンク追記)

<新型コロナ>港北区の感染者35人、旭区や瀬谷区で集団感染の増加目立つ(5/8時点)(2020年5月8日)※行政区別の詳細記事(リンク追記)

日吉・綱島・高田「沿線市区」でも感染者増の傾向続く(4/30記事公開)(川崎市や東京都内で増加中)

【参考リンク】

新型コロナウイルス感染症による新たな市内の患者確認について(横浜市、2020年5月3日発表分、390~401例目)

横浜市内の陽性患者の発生状況データ・相談件数(横浜市)


カテゴリ別記事一覧