<週間ランキング>新しい店や施設、日吉・綱島に明るい話題も出てきた一週間

横浜日吉新聞
ランキング

ランキングこの一週間に読まれた記事のベスト10を紹介する「週間ランキング」。今月(2020年)3月13日(金)から3月19日(木)までの7日間に計34万1694ページが表示されたなかで、もっとも読まれた記事は、2週連続で3月11日に公開した「<新型コロナ>トレッサ横浜が3/12(木)~15(日)に臨時休業を決定」の記事でした。

読まれた記事のベスト10は以下の通りです。カッコ内は表示回数(ページビュー=PV)と記事公開日。

  1. <新型コロナ>トレッサ横浜が3/12(木)~15(日)に臨時休業を決定(3月11日、36,795)
    → 2週連続でトップとなりました。土日を含めて4日間にわたって全館休業し、館内で消毒作業などを行ったといいます。休業中は、いつも賑わっているトレッサ横浜の付近が閑散としていたのが印象的で、玄関前で休業を知った人も複数見かけました。なお、スポーツクラブを利用していた感染者はすでに退院し、同一日の利用者を対象とした健康観察期間も終了。この期間の感染者は最初の利用者と、同一時間帯に利用していた1人、その濃厚接触者の計3人だと公表されています
  2. 慶應のシンボル・新「日吉記念館」が完成、1万人が集う巨大ステージも(3月16日、29,742)
    → 慶應日吉キャンパスが東京2020オリンピックの英国チームによる事前キャンプ地となったこともあり、築60年の旧「日吉記念館」を2017年冬に解体し、建て替え工事が行われていました。新「日吉記念館」はまぶしいくらいの白さが印象的で、地上4階・地下2階建ての館内は最大で1万人規模のイベントが開けるとのことです。本来は3月23日(月)の卒業式や4月1日の入学式で多くの学生や保護者に披露されるはずだったのですが、中止や延期になってしまったのが残念です
  3. <綱島駅・東急ストア>開店に100人行列、店長「期待の高さ感じる」(3月13日、25,185)
    → 開店日には少量ながらマスクが入荷することもあって、朝6時半ごろにはかなりの行列となっていました。店内はそれほど広くはないのですが、特に単身者や二人世帯を対象にワンストップで買物が終えられるような品揃えで、必要なものをコンパクトにまとめていました
  4. <日吉の老舗店>宴会キャンセルは1千人超、新サービスで来店客に「感謝」(3月15日、13,495)
    → こちらの「たつ吉」をはじめ、この春は宴席や会合はことごとく中止となり、利用客の多くを占める学生もほとんどおらず、卒業式も入学式も行われないなど、日吉の飲食店は軒並み大きな影響を受けています。東日本大震災時よりもひどい、との声も聞こえてきますが、2月下旬からの“自粛期間”も1カ月となり、ランチ時間帯を中心に少しずつ人出が戻りつつあるのは光明といえます
  5. <エトモ綱島>早朝から賑やかに幕開け、「スタバ」など開店前に列(3月16日、12,359)
    → 東急ストアに続き3月16日(月)の朝から順次オープンした駅の商業施設「エトモ綱島」。朝6時半から、各店がオープンする度に呼び込みが行われ、通勤客が減少傾向にある駅が賑やかになっていました。こんな状況ですが、綱島駅や商店街に活気をもたらす存在となってくれるはずです
  6. <横浜市>小・中学校の「臨時休校」は3/24(火)まで延長、修了式は3/25(水)(3月9日、9,272)
    → 規模を縮小しながらも、3月11日(水)に中学校、19日(木)には小学校で卒業式が行われ、また、今週から短時間ですが小学校では校庭開放も始まっています。4月からの新学期は通常通りの学校運営ができることを願うばかりです
  7. 日吉駅に「モバイルバッテリー」貸出スタンド、全国展開へ先行設置(3月18日、8,108)
    → 2月27日に設置されていたのですが、気づきませんでした。なかなか派手?なデザインなので、東京電力系が運営していたことは軽い驚きでした
  8. 春を感じ目も心も癒される「綱島の河川敷」、黄色い菜の花が満開に(3月16日、7,373)
    → 小さな子どもを遊ばせるため、または散歩の適地としてご紹介したのですが、先ほど(3月20日)見たら祝日で好天のためかかなりの人出で、屋外とはいえ、感染懸念は高まらないかと少し不安になってしまいました
  9. JR武蔵小杉から伊豆への「観光特急」が終了、別車両で特急列車は拡充へ(3月12日、6,857)
    → 2週連続でランキング登場です。この新型コロナウイルス騒動が落ち着いたら、武蔵小杉駅から特急「踊り子号」で伊豆方面へ行きたいものです
  10. <港北警察>日吉に55年ぶり「交番」が誕生、3/17(火)から”地域を守る”(3月17日、6,833)
    → “宮前交番”が設置されることは3年以上前に決まっていたのですが、正式決定後も建設時の入札不調で遅れ、さらには新型コロナウイルスの影響で式典も延期となり、静かな形でスタートすることになりました。新交番の正式名称は「日吉東交番」となり、日吉3~7丁目までと箕輪町1~2丁目までが担当エリアです

※「週間ランキング」のバックナンバーはこちら

※「新横浜エリア」(区内南部)の週間ランキングはこちら


カテゴリ別記事一覧