JR武蔵小杉から伊豆への「観光特急」が終了、別車両で特急列車は拡充へ

横浜日吉新聞

JR武蔵小杉駅でもおなじみだった伊豆方面行の特急電車があす(2020年)3月13日(金)が最終運転となります。

全車指定席で運転されている「スーパービュー踊り子」号は3月13日(金)が最後の運転となる(JR横浜駅)

3月14日(土)にダイヤ改正を行うJR東日本では、東京駅から武蔵小杉駅や横浜駅を経由して伊豆方面を結ぶ全車指定席の特急「スーパービュー踊り子」を廃止し、新たな特急電車に置き換えます。

スーパービュー踊り子は、今から30年前、まだバブル経済の余韻が残っていた1990(平成2)年4月に展望席を備えたグリーン車や個室、サロン、こども室に加え、車窓を眺めやすい大型の窓を備えた専用の「251系電車」を投入。

JR武蔵小杉駅から伊豆へ直接アクセスできる「スーパービュー踊り子」はおなじみの観光特急となっている(JR武蔵小杉駅)

新宿や東京から、伊豆半島の観光地である熱海や伊東を経て伊豆急下田までを結ぶ観光用の特急電車として、2010年3月に横須賀線の武蔵小杉駅が開業すると停車駅に加わり、武蔵小杉駅から伊豆半島を直接往復できる観光特急として、約10年にわたって親しまれてきました。

現在は1日1往復が武蔵小杉駅に停車していますが、30年にわたって車両が使用されてきたことから、今回のダイヤ改正で廃止されることが決まったものです。

3月14日(土)から運転が始まる全車グリーン車の「サフィール踊り子」号は土・休日を中心に武蔵小杉駅を経由する(列車公式ページより)

3月14日(土)以降は新たな車両が投入され、全車グリーン車の特急「サフィール踊り子」号として、土・休日を中心に武蔵小杉駅に停車する予定です。

また、別の車両を使った特急「踊り子」号の一部は武蔵小杉駅を経由して運転する形に変更。自由席も連結しており、武蔵小杉駅から小田原や熱海、伊豆方面への特急電車自体は土・休日を中心に拡充されることになります。

【参考リンク】

特急「スーパービュー踊り子」の案内ページ(JR東日本、3月13日廃止)

JR東日本「サフィール踊り子」の案内ページ(土・休日は武蔵小杉駅に停車)

JR武蔵小杉駅の3月14日(土)以降の時刻表(湘南新宿ライン=横浜・大船方面のページに伊豆方面行の特急も掲載)


カテゴリ別記事一覧