2月から横浜・川崎のタクシーは「初乗り500円」、加算運賃は値上げへ

横浜日吉新聞

日吉・綱島・高田でも“タクシーでワンメーター”の感覚が変わりそうです。来月(2020年)2月1日(土)から横浜や川崎市内を走る多くのタクシーで料金が改定され、普通車で現在「2キロまで740円」の初乗り運賃を「1.2キロまで500円」として短距離利用を促す料金体系となります。

最近は乗り降りしやすい天井の高いタイプのタクシーも増えている(日吉駅前)

国土交通省関東運輸局の発表によると、今回の運賃改定は「初乗り距離を短縮しタクシーを短距離でも利用しやすいものとする」といい、初乗り運賃をワンコインの500円とする一方で、「タクシー運転者の労働条件の改善を図るため」として、初乗り以後に加算される運賃は、従来より短い距離で加算。

加算運賃は現在「288メートルあたり90円」としているものを、2月からは「264メートルあたり100円」に引き上げる形になり、値上げ率は8.88%。消費増税にともなう改定を除き、横浜や川崎エリアのタクシー運賃が値上げとなるのは2006(平成19)年12月以来だといいます。

横浜市や川崎市などの「京浜地区」のタクシー運賃だけでなく、周辺エリアでも改定が行われる(関東運輸局のニュースリリースより)

1.2キロ以上の利用時は値上げとなる可能性が高いものの、短い距離でのタクシー利用者には、気軽に利用できる機会が増えそうです。

なお、日吉・綱島・高田駅を起点とし、500円(1.2km)で行ける範囲の目安は以下のような場所となります。

▼ 日吉駅から1.2キロエリア

  • 普通部通り・赤門坂経由で、南日吉商店街の「櫻大門(金蔵寺)」あたりまで
  • 綱島街道経由では、箕輪町2丁目のドン・キホーテ日吉店付近まで

▼ 綱島駅から1.2キロエリア

  • 綱島街道経由で「北綱島交差点」付近まで
  • 子母口綱島線経由では「吉田口交差点」の手前付近まで
  • 大綱橋・川崎町田線経由でラウンドワン横浜綱島店(樽町2)などがある付近まで

▼ 高田駅から1.2キロエリア

  • 子母口綱島線経由で高田小学校の付近まで
  • 荏田綱島線では第三京浜道路の手前付近まで

(※)上記は距離の目安であり、渋滞時や乗降場所、使用する道路によっては1メーター以上の料金となる場合があります,
(※)22時から5時までは深夜早朝割増として2割増しの運賃です,
(※)迎車時は別途310円がかかり、4時から8時までに時間を指定した配車を行う場合は早朝予約料金としてさらに1回につき410円が必要です,
(※)タクシー会社によっては、国土交通省が認めた上限運賃とは別の料金設定を行う場合があります

【関連記事】

東横線の港北区内駅には「タクシー専用乗場」が存在しないという残念な現実(新横浜新聞~しんよこ新聞、2016年12月12日)

【参考リンク】

令和2年2月1日より東京都多摩地区、神奈川県京浜地区及び相模・鎌倉地区、埼玉県、千葉県のタクシー運賃が変わります。~初乗り距離短縮を伴う運賃改定についてPDF、国土交通省関東運輸局)

一般社団法人 神奈川県タクシー協会(タクシー会社紹介など)


グーグル配信による広告と関連記事の紹介

カテゴリ別記事一覧