<東京2020五輪>英国の事前キャンプで横浜市が「ボランティア」募集

横浜日吉新聞

英国の事前キャンプボランティアスタッフとして手伝ってみませんか。来年(2020年)夏の「東京2020オリンピック」では日吉や都筑区北山田の横浜国際プールなどで事前キャンプを行う英国代表チームをサポートする「横浜ホストタウンサポーター」の募集が今月12月20日から始まります。

東京2020オリンピック・パラリンピックの横浜市ウェブサイトで募集要項が掲載されている

横浜ホストタウンサポーターは、横浜市内ホテルなどでの受付や総合案内、横浜国際プールでの設営や運営、誘導、通訳のサポートといった活動を行うボランティアスタッフで、横浜市市民局が100人程度を募集

対象は活動時に18歳以上となる2002年4月1日生まれ以降の男女で、英語での日常会話ができ、2月と3月の両下旬に行われるオリエンテーション参加や、2020年7月5日から8月5日までの期間に最低5日以上の活動ができることなどが応募条件。

英語力については、目安として「TOEIC700点以上程度」と想定しているものの、スコアの有無は問わないとのことです。

応募は、12月20日から「横浜市スポーツボランティアセンター」の募集ページで来年1月21日まで可能。なお、東京2020大会の「横浜市・都市ボランティア」と、川崎市内で活動する事前キャンプボランティアは、すでに募集が終了しています。

英国の事前キャンプについては特設ページ「GO GB(ゴー・ジービー)」が設けられている

英国の事前キャンプは来年7月から8月まで、慶応義塾大学の日吉キャンパス(バスケットボール・ボクシングなど13競技とパラリンピック代表も予定)や横浜国際プール(水泳競技)、中原区の川崎市等々力陸上競技場(陸上・サッカー・ラグビー競技とパラリンピック代表も予定)の3会場で行われる予定です。

【関連記事】

東京五輪の英国代表キャンプ、慶應日吉ではバスケやボクシングなど13競技を予定(2017年3月22日)

<五輪まで500日切る>日吉でキャンプ、新横浜はサッカー決勝、港北区が「特別な年」に(2019年03月13日)

<日吉から近い横浜国際プール>水泳だけじゃない!多彩なスポーツ・文化教室(2016年1月23日、水泳競技のキャンプは北山田で予定)

【参考リンク】

12月20日(金)~2020年1月21日「英国事前キャンプ横浜市ボランティア『横浜ホストタウンサポーター』を募集します(東京2020オリンピック・パラリンピック横浜市ウェブサイト)

GO GB(ゴー・ジービー)(英国代表事前キャンプの特設サイト)


グーグル配信による広告と関連記事の紹介

カテゴリ別記事一覧