ひよし塾で3/15、22日の木曜に習字とパズルの体験会、新年度に拡大公募

横浜日吉新聞
習字教室とパズル道場をあわせ同日に受講できる「ラビットクラブ」を大幅に増設することになった。年中、年長の児童を対象とした無料体験会の受講者を新規募集中

習字教室とパズル道場をあわせ同日に受講できる「ラビットクラブ」を大幅に増設することになった。年中、年長の児童を対象とした無料体験会の受講者を新規募集中

法人サポーター会員による提供記事です】初めての習字とパズルを日吉の塾で――日吉駅から徒歩約3分、日吉中央通りにある学習塾・ひよし塾(日吉本町1)では、同塾で開講している「習字教室」と、「パズル道場」を、それぞれ短時間で内容もコンパクトにまとめたコース「ラビットクラブ」を昨年春(2017年)から新規開設しています。

「ラビットクラブ」は、幼稚園・保育園の年中の児童から小学校1年生までが対象。

鉛筆や毛筆、パズルに親しめる同クラブをこれまでは試験的に実施してきましたが、「これまで受講いただいた児童にも大変好評だったこともあり、コース日程を増やすことにしました」と、同塾を運営する株式会社タマダ・代表取締役塾長を務める玉田久文(ひさあき)さん

今回の無料体験会は、今週(2018年)3月15日(木)、来週22日(木)15時から16時まで、習字とパズルを、各30分間行います。(定員は各日3名、合計6名まで。年中・年長対象。先着順)

パズル道場のカリキュラムに取り組むことで、「イメージ化能力」「仮説思考力」を育成することも目標にしている

パズル道場のカリキュラムに取り組むことで、「イメージ化能力」「仮説思考力」を育成することも目標にしている

本コースはこれまでは水曜日のみの開設でしたが、4月以降は毎週火、水、木、金曜(水曜は満席)に大幅に日程を拡大。時間は15時から16時25分まで(各40分間)、月3回(予備日1日)で10800円(税込)。習字とパズルを各3名ずつ、交代で受講する内容(計6名)となります。

玉田さんは、「まずは鉛筆を正しく持ち、丁寧に字を書くことを目標に、“粘り強く考える子”を育成したいと習字を採り入れました。また、パズルでは、小さなお子さんでも、数を数えることが“苦手”、“好きじゃない”、そして“難しい”と感じることを克服してもらいたいと思っています」と、「ラビットクラブ」を開設する理由について説明します。

ひも通しも、子どもには比較的難しく感じられるもの。「立体的なパズルや、鉛筆・毛筆にもラビットクラブでまずは親しんでもらえたら」と玉田さん

ひも通しも、子どもには比較的難しく感じられるもの。「立体的なパズルや、鉛筆・毛筆にもラビットクラブでまずは親しんでもらえたら」と玉田さん

また、先月(2月)に新たに塾内も増床したことで、よりゆったりとしたスペースで受講できることもプラスになっているといい、指導者についても「いずれも指導歴5~10年以上のベテラン講師が担当しますので、ぜひ安心して受講いただけたらと思います」と、玉田さんは多くの無料体験会への参加を呼び掛けています。

今回の体験会に参加できない方についても、「問い合わせは随時受け付けています」と玉田さん。

なお、「ラビットクラブ」修了後(小学校2年生以上)は、それぞれ「習字教室」「パズル道場」の本コース受講(選択制)へと進級する予定です。

「習字も、パズルも、基本が大切」と語る玉田さんの教育理念が、多く地域の子どもたちにも広がっていくのかにも、より一層の注目が集まっていきそうです。

【関連記事】

なぜ子どもが「パズル」に夢中になるのか、1/20(土)に日吉で新年度向け体験会(2018年1月9日)

日吉の学習塾で「文字書く」大切さ伝える習字教室、“初めての鉛筆”体験会も(2017年12月4日)

ひよし塾が増床で「自習スペース」も確保、共働き家庭の増加に対応(2018年2月28日)

【参考リンク】

ひよし塾サイト(株式会社タマダ運営)

お問い合わせフォーム(ひよし塾のサイト)※申込・問い合わせ先

法人サポーター会員:中学受験ひよし塾~株式会社タマダ提供)


グーグルからの配信による広告

カテゴリ別記事一覧