珍しい「アイリッシュ・ハープ」の音色を披露、12/15(金)にクリスマスコンサート

横浜日吉新聞

世界的にも珍しいアイリッシュ・ハープのクリスマスコンサートが今週(2017年12月)15日(金)の13時から15時まで、日吉地区センター(日吉本町1)で開かれます。

アイリッシュ・ハープの奏者・研究家として知られる寺本圭佑(けいすけ)さん

これは、日吉町自治会(日吉1~2丁目の大部分と日吉3~4丁目の全域)と日吉台町内会(駅前中央通りから元住吉寄りの一帯)、常盤会自治会(日吉1丁目・下田町2丁目の一部)の3自治会・町内会からなる「日吉町地区地域ケア委員会」が定期的に行っている「サロン日吉なかよし」の一環で、今回のコンサートは誰でも参加が可能とのこと。入場は無料です。

出演するのは日吉在住でアイリッシュ・ハープの奏者・研究家として知られる寺本圭佑(けいすけ)さん世界的にも演奏者が少ないといわれる「金属弦」の音色を奏でるとともに、アイリッシュ・ハープの歴史に関する解説も予定されています。

“ささやくような音色”が特徴のアイリッシュ・ハープによるクリスマスコンサート。演奏を聴くだけでなく、その歴史を学ぶことができる貴重な機会となりそうです。

【関連記事】

9/16(土)の「ぶらり途中下車」、グリーンラインと目黒線のセット特集で日吉が登場(2017年9月12日、テレビにも登場)

世界的にも珍しい金属弦ハープ奏者・研究家の寺本さん、4/17(日)日吉フリマに出店(2016年4月15日)

【参考リンク】

12月のサロン日吉「なかよし」はクリスマスコンサートですPDF、日吉町自治会)


関連スポンサー広告(グーグルから配信)