<コーエー>ゲームソフト・ソーシャル好調で最高の業績、新川崎駅前の不動産事業も

横浜日吉新聞
p160509p001

コーエーテクモは過去最高の利益を確保した(決算資料より)

コーエーテクモホールディングス(箕輪町1)は、このほど2016年3月期(2015年4月~2016年3月)の決算発表を行い、6期連続の増益となるなど、2009年にテクモと経営統合を行って以来、最高の業績を達成しました。

売上高は前年同期比で1.4%増となる383億3200万円、本業でのもうけを示す営業利益は過去最高となる同14.7%増の110億6900万円。また、本業の利益以外を含めた経常利益も同16.1%増で157億5500万円、税金などを差し引いた当期純利益は同15.1%増の108億5500万円となりました。

話題を集めたコーエーテクモのゲームタイトル

話題を集めたコーエーテクモのゲームタイトル

同社主力のゲームソフト事業では、人気アニメを原作とした『進撃の巨人』が好調だったほか、「三國志」の30周年記念作品となる「三國志13」や「信長の野望・創造 戦国立志伝」の発売も話題となりました。女性キャラクターがバカンスを楽しむというゲーム「DEAD OR ALIVE Xtreme 3 Fortune/Venus(デッド・オア・アライブ・エクストリーム3・フォーチュン/ヴィーナス)」は、日本国内だけでなくアジアでも販売を伸ばしています。

加えて、ソーシャルゲーム事業でも「100万人の信長の野望」「100万人の三國志」「100万人のWinning Post」などの“100万人シリーズ”が前年を上回る収益を上げたといいます。

新川崎駅前の商業施設「シンカモール」

新川崎駅前の商業施設「シンカモール」は近年、コーエーテクモゲームスの所有不動産となっている

このほか、同社の売上に占める比率は低いのですが、子会社のコーエーテクモゲームスが所有する新川崎駅前の商業施設「シンカモール」(幸区新川崎5)をはじめとした不動産賃貸も堅調で、不動産事業の売上は8億3000万円、同事業での利益は3億2200万円で増収増益となりました。

コーエーテクモホールディングスは、2017年度も引き続き「IP(知的財産)の創造と展開」をグループの経営方針に掲げ、新作タイトルの成功や国内外大型コラボレーションの獲得を目指していくとしています。

【関連記事】

コーエーテクモが日吉で「信長の野望」シリーズ最新作の発表会、3/24(木)発売を前に(2016年3月16日)

コーエーテクモが新作ゲーム「進撃の巨人」2/18(木)発売を前に都内で発表会(2016年2月12日)

<コーエー>日吉・綱島でも盛り上がる「三國志シリーズ」の最新作は1/28(木)に(2016年1月27日)

【参考リンク】

2016年3月期 決算説明会資料PDF、2016年4月28日)

2016年3月期 決算短信PDF、2016年4月28日)

コーエーテクモグループの不動産事業について


グーグルからの配信による広告

カテゴリ別記事一覧