箕輪町2丁目の「新小学校」、学区や校名など地域での議論内容を市教委が公開

横浜日吉新聞

横浜市の岡田優子教育長に答申(意見書)を提出した「開設準備部会」の小島清部会長(日吉連合町内会会長)(日吉台小学校第二方面校開校準備部会ニュース第4号より=PDFはこちら

横浜市教育委員会は、箕輪町2丁目に2020年4月に開校予定の「箕輪小学校(日吉台小学校第二方面校)」について、地域の関係者ら28人が集まって通学区域や学校名などを検討してきた「開設準備部会」(部会長・小島清日吉連合町内会会長)の議事録や広報用の「開設準備部会ニュース」をすべて公開しました。

開設準備部会は昨年(2016年)11月から今年(2017年)5月まで4回にわたって会合を開いており、議事録やニュースを通じてこれまでの決定事項や議論内容を記録したものです。

また、今月(7月)12日(水)に発行したニュースでは、市などに提出した意見書や通学区域図、要望書などの内容をPDF形式で一覧できるようになっています。

【関連記事】

<新小学校の通学区>4案を基本に部会で検討、日吉7と綱島東5の扱いが焦点か(2016年11月8日、第1回会合)

<新小学校の通学区>日吉7と箕輪1などの一部が入る、綱島東5丁目は含まず(2016年12月13日、第2回会合)

<旧アピタ跡地>2020年4月新設校の名は「箕輪小学校」、2度の投票で決定(2017年3月7日、第3回会合)

<箕輪町の新小学校>通学路に「カラー舗装や横断歩道を」、17項目の安全対策を要望(2017年5月16日、第4回会合)

【参考リンク】

日吉台小学校第二方面校開校準備部会(横浜市教育委員会、これまでの議論内容を記録)


関連スポンサー広告(グーグルから配信)