日吉駅前で東急が「会員制サテライトオフィス」、高い需要に異例の2店目

横浜日吉新聞

住宅街が多い郊外エリアでは異例となる2店目の出店が決まりました。東急が運営する法人向けの会員制サテライトオフィスニューワーク(NewWork)」は、日吉駅前の浜銀通りにあるビルに2号店を今月(2020年)9月29日(火)にオープンすると発表しました。

東急の「ニューワーク(NewWork)」は東急沿線を中心とした首都圏や全国主要都市にも出店を拡大している(同社サイトより)

ニューワークは、契約した企業の社員が「テレワーク」を行う際、自宅の近くで作業スペースを提供する会員制のサテライトオフィスで、東急の社内ベンチャー第1号案件として2016年から出店を開始。

仕事を行うために必要なインターネット環境や机、会議室、印刷・コピー機、電話スペースなどを店内に備えています。

2019年6月には日吉駅前にも出店した(ニューワーク日吉のページより)

テレワークを導入する企業の増加とともに、ニューワークも東急沿線の駅前を中心に出店を拡大しており、日吉駅前では、2019年4月中央通りのビルに1号店をオープン。関係者によると需要の高さから混雑していることが多く、スペースの拡大が検討されていたといいます。

このほど、ファーストキッチンなどが1階に入る浜銀通りのヒカルビル(HIKARU BUILDING)内に空きフロアが見つかったことから、2店目を設けたもので、店内にはパソコンなどでの作業スペースだけでなく、会議室も複数設置される予定。

ニューワークは、個人事業主やベンチャー企業を対象とした「シェアオフィス」や「レンタルオフィス」とは異なり、従業員数100人以上の企業のみを対象としているのが特徴で、利用者は法人契約を結んだ中堅・大手企業の社員が中心だといいます。

3階に2号店となる「ニューワーク 日吉2nd」をオープンする浜銀通りのヒカルビル

3階に2号店となる「ニューワーク 日吉2nd」をオープンする浜銀通りのヒカルビル

渋谷などの都内ターミナル駅を除けば、住宅街が中心となっている駅に直営店で2店目を出店するのはめずらしいとのことで、日吉駅の周辺中堅・大手企業の勤務者が在住している割合が高いともいえそうです。

なお、テレワークを行うためのシェアオフィスは、区内では新横浜駅の周辺に複数設けられているほか、箕輪町2丁目の大型再開発「プラウドシティ日吉」内に「まちのワークスペース」として7月から新設されています。

【関連記事】

<東急調査>ラッシュ緩和なるか、週1回以上「在宅勤務」は4割超の見通し(2020年9月18日、新型コロナ禍を経て今後も「テレワーク」の割合は増える見通し)

プラウドシティ日吉内の地域貢献施設がオープンへ、子育て支援スペースも(2020年7月17日、シェアオフィスも設けられている)

【参考リンク】

会員制サテライトオフィス「NewWork 日吉2nd」の案内ページ(9月29日オープン、浜銀通り)

会員制サテライトオフィス「NewWork 日吉」(2019年4月オープン、中央通り)


カテゴリ別記事一覧