初の郊外設置は「トレッサ」、都心駅にある"個室型ワークスペース"進出 | 横浜日吉新聞

横浜日吉新聞

初となる郊外商業施設での設置先として選んだのがトレッサでした。東京メトロの駅構内などでパソコン作業などを行うための個室ブースCocoDesk(ココデスク)」を展開する富士ゼロックス(東京都港区)は、今月(2021年)2月8日(月)から「トレッサ横浜」(師岡町)の南棟に1台(室)を設置すると発表しました。

富士ゼロックスは2018年夏から東京メトロとCocoDeskの実証実験をはじめ、2020年2月から本格展開している(公式ページより)

「CocoDesk(ココデスク)」は、“電話ボックス”1.5個分程度の広さを持つ防音の個室ブースに、机や椅子、大型モニター、電源コンセント、Wi-Fiなどを備えたボックス型の時間貸しワーク(作業)スペース

2020年2月から東京メトロの溜池山王駅や明治神宮前駅、池袋駅(有楽町線)、六本木一丁目駅などを皮切りに設置が始まり、今年1月までに新宿三丁目や永田町、大手町など東京メトロの19駅と京急川崎駅、都内中心部のオフィスビル5カ所に計47台(室)を設けていました。

2月中にCocoDeskの設置場所を東京メトロの駅を中心に63台(室)まで増やす(公式ページより)

主に外出中の会社員らが空き時間にパソコン作業や電話、オンライン会議などを行うための貸しスペースとなっていますが、「在宅勤務が増えてきたこともあり、自宅の近くにも設置してほしいというニーズが出てきた」(富士ゼロックス広報担当)といいます。

そのため、同社では初めて横浜市内に進出し、今月2月4日(木)に相鉄・二俣川駅(旭区)直結の商業施設「ジョイナステラス二俣川」に2台(室)を設置。来週2月8日(月)からはトレッサ横浜にも新たに1台(室)を設けることを決めたものです。

ジョイナステラス二俣川に設置されたCocoDesk(写真左)、ドアを開けると机と椅子、大型モニターなどがある(写真右)

設置場所はトレッサ横浜南棟1階のフードコートや「トイザらス」などに近い「オリーブ広場」(「師岡沼上耕地第二公園」側)で、営業時間は10時15分から19時45分まで。利用には無料の会員登録とクレジットカードが必要です。

利用料金は15分250円で、インターネットの専用サイト上から15分単位の希望時間を予約し、ブースの解錠はスマートフォンから行う形となっています。

ブースの解錠はスマートフォンから行う

ブース内は換気ファンで常時換気を行っているものの、新型コロナウイルス対策から予約が入っている時間帯の前後15分は、空いていても他の予約はできないとのことです。

富士ゼロックスでは、2月中旬に半蔵門線の渋谷駅、3月には有楽町線の麹町駅など順次設置場所を拡大し、2月中にトレッサ横浜などの商業施設も含め首都圏で63台(室)に増やす予定です。

JR東日本も駅構内を中心にブース型やシェアオフィス型などのワークスペース「STATION WORK」を展開する(公式サイトより)

なお、同様の個室型ワークスペースは、JR東日本が「STATION BOOTH(ステーションブース)」の名称で2019年8月から東京駅(総武線地下)や新宿駅(甲州街道改札)を皮切りに設置を進めており、横浜駅南改札口近くのような開放型(シェアオフィス型)の店舗も含め、「STATION WORK(ステーションワーク)」というブランド名で、首都圏のJR駅構内を中心に展開しています。

【関連記事】

新横浜のホテルで「テレワーク」、連続使用など日帰りプランが拡充(新横浜新聞~しんよこ新聞、2021年2月4日、ワークスペースにホテル活用の動きも)

日吉駅前で東急が「会員制サテライトオフィス」、高い需要に異例の2店目(2020年9月28日、自宅近くで仕事スペースの需要は高まっている)

【参考リンク】

CocoDesk(ココデスク)の公式ページ(富士ゼロックス)※東京メトロの駅構内が中心

トレッサ横浜のフロアガイド

STATION WORK(ステーションワーク)※JR東日本の駅構内が中心


カテゴリ別記事一覧