箕輪町の再開発エリアに新規3店舗、「地域密着」目指し静かにオープン

横浜日吉新聞

箕輪町2丁目の再開発エリアで、3つの商業施設が新規オープンしました。

雨が降るあいにくの天候の中、オープンしたローソンSOCOLA日吉店

雨が降るあいにくの天候の中、オープンしたローソンSOCOLA日吉店

野村不動産ホールディングスが手掛ける再開発エリア「プラウドシティ日吉」内の商業施設「ソコラ(SOCOLA)日吉」内に、きのう(2020年)4月13日、コンビニエンスストア、クリーニング店、そしてファミリーレストランの3店舗が開店。

4月7日に神奈川県などの首都圏で外出の自粛を求める「緊急事態宣言」が出されたこともあり、大掛かりなオープニング催事の実施も難しい情勢の中、また朝から降る雨の影響も相まって、いずれの店舗もおおむね「静かな」開店初日を迎えていました。

まず、トップを切って開店したローソンSOCOLA日吉店。雨の中10数名が店頭に列をなし、朝8時の開店時に店内へ。

マネジメントオーナーの吉野さん。地元育ち・在住の強みを活かし「より地域に根差した店舗に」と意気込む

マネジメントオーナーの吉野さん。地元育ち・在住の強みを活かし「より地域に根差した店舗に」と意気込む

約200平方メートルという、通常の店舗よりやや大きめの店内には、本来利用できるはずだったイートインスペースを30席分用意していましたが、「この情勢下ですので、しばらくは使用を控える予定です」と、同店のマネジメントオーナーの吉野文章(ふみあき)さんは語ります。

コンビニエンスストアのオーナーとして、港北区内を中心に12店舗を経営する吉野さんですが、「今回は、いつも行っているポスティングも控えました。チラシも周辺エリアの方1万部に絞り、新聞に折り込んでのご案内としました」と、地域のあいさつ回りも控えざるを得ない世相を嘆きます。

オープンを記念した限定数量の福袋も

オープンを記念した限定数量の福袋も

しかし、港北区内在住で、樽町中学校(樽町4)、新羽高校(新羽町)、日本体育大学卒業後、ローソンのフランチャイズとして起業した経験を持つ吉野さんらしく、「港北区のことは、人の流れも熟知できていると思います。近隣では、慶應義塾大学日吉キャンパス内のローソン慶應日吉店(日吉4)を経営していることもあり、人材を募集した際も、多くエントリーいただくことができました」と、地域事情を習熟しての出店であると説明します。

「今は、本部からの人材支援もあり運営していますが、いずれは地域の皆さんの採用をより強化したい」と語る吉野さん。

目指すは「地域密着の店舗運営です。ぜひ(エリア内の)マンション以外に住まい通う方々にも来店してもらえたら」と熱く語る吉野さん、同店スタッフのこれからの日々の“店づくり”に、地域からの期待が寄せられそうです。

無人受付・受取も予定のクリーニング、サイゼリヤはテイクアウトも

港北区内6店舗目の出店となったポニークリーニングの店内

港北区内6店舗目の出店となったポニークリーニングの店内

続いて、朝10時にオープンしたのが、ポニークリーニング ソコラ日吉店。1949年8月に創業、東京都中央区に本社を置き、首都圏を中心に事業を展開する穂高株式会社(松岡永高社長)が運営。

都筑区池辺(いこのべ)町に営業拠点となる港北事業所を置いているほか、港北区内には、綱島西店(綱島西2)や大倉山3丁目店など、同店を除き他5店舗を展開しています。

来月5月8日から“無人”での「受付ボックス」や、いつでも受取可能な「24時間お渡しロッカー」を稼働予定

来月5月8日から“無人”での「受付ボックス」や、いつでも受取可能な「24時間お渡しロッカー」を稼働予定

同店が志すのは、「やはり、地域密着です」と、営業部の伊尾隼さん

ワイシャツを2度洗いで仕上げる技術のほか、来月5月8日(金)からは、ワイシャツ・スーツ専用での“無人”での「受付ボックス」や、いつでも受取可能な「24時間お渡しロッカー」を稼働させる予定。

衣服のほか、ふとんやじゅうたん、ぬいぐるみや靴、バックや財布などのクリーニングも行っているとのことです。

パスタやピザ、前菜といったテイクアウト商品も取り扱う「サイゼリヤ」SOCOLA日吉店

パスタやピザ、前菜といったテイクアウト商品も取り扱う「サイゼリヤ」SOCOLA日吉店

また、朝11時にオープン、港北区内で同じく6店舗目の出店となったサイゼリヤSOCOLA日吉店では、「通常店舗よりやや狭い約100席規模の広さとなります」と、元住吉駅前店(中原区木月)でも店長を務めていた経験を持つ、新店長の萩原零央(れお)さん

同店でも、「緊急事態宣言」を受けての営業時間短縮で、11時から20時まで(ラストオーダーは19時30分)の営業となるほか、パスタやピザ、前菜といったテイクアウト商品も取り扱っているとのこと。

いずれの店舗も、雨中の「静かな」オープニングとなった

いずれの店舗も、雨中の「静かな」オープニングとなった

「現在、パスタは250円から550円まで(価格はいずれも税込)、ピザも350円から450円までの価格帯で設定しています。前菜デザートも用意していますので、電話や来店などで予約いただき、日々利用してもらえたら」と、やはり“地域密着”での運営を目指すという同店らしい新たなチャレンジを行っていく考えです。

新型コロナウイルスの感染拡大の影響も受けつつ、無事に開店に至ったそれぞれの店が、どのように地域とつながり、地域の人々にとって「必要な施設」となっていくかにも、再開発エリア内外の人々からの大きな注目を集めそうです。

【関連記事】

<プラウドシティ日吉>仏発祥のスーパーやサイゼリヤなど出店、医療モールも(2020年1月10日)

日吉・綱島・高田エリアにおける開店・閉店情報(4/14最終更新)※開店延期のテナントも

【参考リンク】

ローソンSOCOLA日吉店

ポニークリーニング ソコラ日吉店

サイゼリヤSOCOLA日吉店


カテゴリ別記事一覧