高田駅近に一軒家活用の居場所「ゆずの樹」、来春オープン前にプレイベント

横浜日吉新聞

高田に新しい地域の「居場所」がまた一つ誕生します。地下鉄グリーンライン高田駅1番出口から徒歩約4分、高田東3丁目に来春(2020年4月)オープンする「みんなの居場所~ゆずの樹」のお披露目会(プレオープン)が、先週末(2019年)12月7日10時から14時まで行われました。

高田駅1番出口から徒歩4分、子母口綱島線から少し高台に上ったところに、来年(2020年)4月に一軒家を活用した新たな居場所「ゆずの樹」がオープンする

高田駅1番出口から徒歩4分、子母口綱島線から少し高台に上ったところに、来年(2020年)4月に一軒家を活用した新たな居場所「ゆずの樹」がオープンする

個人の一軒家を「地域の居場所」として借りられることになり、横浜市高田地域ケアプラザ(高田西2)の運営法人・社会福祉法人緑峰会(新吉田町、髙田優一理事長)が費用を負担、今回の「居場所」としての開館が実現することになったといいます。

「ゆずの樹」の運営は、高田地区社会福祉協議会(事務局:高田東4)の地域活動団体で、高齢者支援の活動を行う「ふくしの和・高田」のボランティアが中心となり、同ケアプラザがともに支援しながら行うかたちでスタート。

来場記念に、庭でも収穫した「ゆずの実」がプレゼントされた

来場記念に、庭でも収穫した「ゆずの実」がプレゼントされた

地域貢献したいという先代の想いから、オーナーのご厚意で居場所が実現することになりました。近所の人々が集える地域の居場所はこれからたくさん必要になっていくため、本当にありがたいと思っています」と、同地区で民生委員・児童委員としても活躍している寺尾眞喜さんは、来年の本オープンに向けての感謝の想いを語ります。

今回の立ち上げにも尽力した、同ケアプラザ所長の土屋聡司さんは、「今年1月頃にこの場所が借りられることがわかり、各方面の調整を重ね、この秋に契約を終えることができました。昨今、地域ケアプラザの需要が大きく、なかなか利用できないとの声も多くあがり、まさに地域からの要望で新しい交流の場所が立ち上がったのだと思います」と、まさに「地域の力」で、この居場所が出来上がったことについての経緯を説明します。

かねてから「ゆずの実」を通じての交流が、故人となった前オーナーと地域ケアプラザなどと行われていたという

かねてから「ゆずの実」を通じての交流が、故人となった前オーナーと地域ケアプラザなどと行われていたという

近所同士のつながりが希薄”と言われて久しい時代。「子どもも大人も個々の生活を大切にしながら、この居場所が情報交換の場や仲間づくりの一助になり、良いつながりができれば」(同館の案内)と、担い手・来訪者双方の“思い”も取り入れながら、来年4月のオープンに向けての準備を行っていく予定とのことです。

なお、「ゆずの樹」の名称は、同館の庭に植えられている「ゆずの木」にちなんだもので、実際に今年もゆずの収穫を行い、今回の同日12時30分現在で約70人を超える来場者にも、記念の品としての「ゆずの実」を先着順でプレゼント

プレオープン日に販売されたカレーライスは限定50食・200円

プレオープン日に販売されたカレーライスは限定50食・200円

この日同館では、カレーライスやコーヒー、ポップコーン、たかたんサブレなどの飲食販売や、JA横浜日吉支店(日吉本町3)による野菜販売、パンジーなどの花苗販売フリーマーケットミニバザーも行われるなど、一戸建てのスペースをフルに活用しながら、雨の中駆け付けた来場者らとの“分かち合い”の時間を演出していました。

来年4月まではプレオープン期間として、1月21日、28日、2月4日、18日、25日のいずれも火曜日、10時から15時まで「喫茶室」として開館。1日の利用料200円(中学生まで無料)。コーヒー・紅茶は各100円。お昼ご飯の持ち込み可能とのこと。

2階ではプレオープンを記念し、バザーやフリーマーケットも行われた

2階ではプレオープンを記念し、バザーやフリーマーケットも行われた

また、1月25日(土)と2月22日(土)10時から15時まで「寒さを吹き飛ばそう」企画を実施。

1月25日(土)は、ぜんざい、2月22日(土)は豚汁とおにぎりを300円と利用料で振る舞う予定です。

同館では、喫茶室でのお茶入れ話し相手趣味(絵・手芸・園芸・音楽など)を活かし活動したいボランティアや、家で眠っている囲碁、将棋、麻雀セットや、テーブル・椅子などの寄付も募集しています。

先代オーナーも愛した「ゆずの木」(左)が、地域のあたたかな交流を見守る

先代オーナーも愛した「ゆずの木」(左)が、地域のあたたかな交流を見守る

ボランティア応募、寄付の申し入れなど、同館についての問い合わせは、高田地域ケアプラザ(電話:045-594-3601)まで。

【関連記事】

高田に子どもの居場所「ほっぷ」が誕生、高校生も利用可能で第1・3土曜日に(2019年11月7日)

高田エリアのホームページが復活、ゆるキャラ「たかたん」やスマホ対応も(2019年4月1日)

【参考リンク】

助け合いのまち よこはま・たかた(高田地区社会福祉協議会・高田町連合町内会公式サイト)※「TOPICS」に「みんなの居場所~ゆずの樹」のお披露目会についての案内

高齢者支援「ふくしの和・高田」(同)※「ゆずの樹」運営について

横浜市高田地域ケアプラザのサイト ※利用・ボランティア応募の問い合わせ先


グーグル配信による広告と関連記事の紹介

カテゴリ別記事一覧