<台風15号>住家被害は高田西や大曽根など区内で29件、倒木は50件超

横浜日吉新聞

横浜市の総務局危機管理室は、今週(2019年)9月9日(月)の明け方までに通過した台風15号による市内の被害状況をまとめました。住家の一部が破損するなどの被害は、港北区内だけで29件におよび、倒木は50以上にのぼりました。

9月9日の台風15号による倒木の一例(イメージ)

港北区内では住居の床上や床下への浸水被害はなかったものの、一部破損が29件あり、高田西や大曽根、大倉山での被害が目立ちます。このほか、綱島東ではブロック塀の倒壊被害が出ました。

市が9月12日現在でまとめた港北区内の被害状況は下記の通りです。

住家被害(一部破損)

  • 港北区高田西(4件)
  • 港北区大曽根(4件)
  • 港北区大倉山(3件)
  • 港北区日吉(2件)
  • 港北区箕輪町(2件)
  • 港北区樽町(2件)
  • 港北区新吉田東(2件)
  • 港北区大豆戸町(2件)
  • 港北区菊名(2件)
  • 港北区篠原東(2件)
  • 港北区高田東(1件)
  • 港北区下田町(1件)
  • 港北区新羽町(1件)
  • 港北区篠原北(1件)

非住家の被害

  • 港北区大倉山(1件)

ブロック塀倒壊

  • 港北区綱島東(1件)
  • 港北区篠原東(1件)
  • 港北区篠原西町(1件)

倒木被害

  • 市内全体で689件、うち港北区内は52件

破損・飛散物による被害など

  • 市内全体で643件、うち港北区内は35件

【関連記事】

明け方を襲った2019年「台風15号」、強風雨で日吉・綱島エリアも影響(2019年9月10日)

【参考リンク】

令和元年台風第15号の被害状況等について【第6報】 (2019年9月12日、横浜市総務局緊急対策課)


グーグルからの配信による広告

カテゴリ別記事一覧